ホンダ400X高額買取

ホンダ400X高額買取のポイントとおすすめの売却先

400x

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、400Xを売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、400Xの買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントは400Xをもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早く400Xの査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

ホンダ400X売却時に注意したいポイント

メンテナンス

このNC47型の400Xで搭載している水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒ですが、すでにCBR400R系でも細かい不具合が改善されてきた熟成されたエンジンです。

 

そもそも2013年の登場から数年しか経過していませんから査定時にこれといってエンジン関係で大きく減額されるケースは心配ないかと思います

 

査定時に始動性に問題なく、普通に吹け上がって変な異音が無いかぎり査定士やメカニックも細かくチェックしないはずです。

 

ただ初期の400Xの場合、いくつか不安な点もあります。

 

低年式の400Xの場合、いくつかリコール対象部分が発表されていた経緯もあるので査定前に確認だけでもしておいた方がいいでしょう。

 

有名な話ではカムチェーンテンショナー付近のボルトが温度上昇によって緩んで落下しやすい…といった話も記憶しています。

 

メーカー発表としては非常にあっさりと書いていますが、カムチェーンテンショナー付近のトラブルはヘタすれば焼き付きや走行中の大事故につながる部分でもあります。売却するしないは別として査定前に愛車がリコール対象か確認だけはしておくといいかと思います。

 

もちろんリコール対象車種だからと買取不可や大きな減額となることはありません。ですが買取後に店舗が販売する前にリコール対象部分を改善する必要が生じます。

 

売却先によっては手間がかかる部分を、いくらかの減額対象と考えるケースもあるので事前に無償で改善しておくことが理想的です。

ホンダ400X買取の査定時にチェックされる部分とは?

メーカーサイトで確認

上記で故障の少ないエンジンと書いていますが、前述のようなカムチェーンテンショナー付近のリコール部分について書いていたら他の不具合を思い出したので追記しておきます。

 

この型のCBR400R系水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒、個体差はありますが異常なペースで冷却水が減り続ける事例が頻発したのも有名な話ですね。

 

最終的にリコール対象になったか定かではありませんが、冷却水の減りが早い…といったレベルでなく気がついたら空っぽになっていた…という深刻な不具合です。

 

すでに売却をきめたオーナさんも査定前に念のため冷却水の状態は一度点検しておいた方がよいかと思います。査定時に空っぽ状態の場合、大幅な減額とはならないでしょうが、日常的にメンテナンスされていなかったのでは…と変な疑惑をかけられかねません。

 

また相当数の事例が頻発したこともあるのでリコール対象となっている可能性もあります。公式サイトやディーラーで愛車の400Xが対象車両か確認だけでもしておくことをお勧めします。

ホンダ400X買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

カスタムパーツ

なんだか結果として400Xの悪い部分ばかりが強調された記事になってしまいましたが基本的に上記の不具合をのぞけば優秀なバイクには違いありません。

 

新車価格がそれなりに高額なので状態の良い中古のタマを探している方も多い車種なので売却される方にとって好都合なバイクともいえます。

 

また400Xという車種が微妙なジャンルのためか、たいていはノーマル状態で綺麗にのられています。カスタムされるとしても排気系をちょこっと弄るか、キャリアやセキュリティ系の機能重視のカスタムが多いはずです。

 

一般的な中古バイクの場合、カスタムパーツはメリットが少ない上に査定額が下がるというデメリットが目立ちますが400Xの場合、そう深刻に考えるほどの減額はないかと思います。

 

ただ純正部品に戻せる方は査定前に純正部品に戻してノーマルに近づけた方が賢明だとは思います。今の時代、売る気になれば簡単にネットオークション等で売却できます。

 

とくに400Xのカスタムパーツ関連は出品点数も少なく、うまく購入者がみつかれば高額で売却できます。確実にバイク買取店舗に引き渡すよりも高額で売れるのでひと手間かけて自分で売却することをお勧めします。

ホンダ400Xの車両情報と特徴

400x

2013年、ホンダが欧州のロングツアラーをイメージして市場に投入したクロスオーバータイプの中型バイクが400Xでした。

 

基本的なエンジンやフレーム関してはCBR400RやCB400Eといった車両から流用しているものの、上半身が起きるようなゆったりとした乗車姿勢とはじめ、ロングツーリングを意識したエッセンスが凝縮されています。

 

また独特なフォルムのカウル形状がツアラー感を醸し出しているため、どちらかというと好き嫌いがはっきりする車種でもあります。

 

またCBR400RやCB400Eにくらべトレール量が増えたことで直進安定性が大幅に向上しています。高速道路を利用した長距離での使用を考えての変更といえるでしょう。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン