CB750高額買取

CB750

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、CB750を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、CB750の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはCB750をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くCB750の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

CB750売却時に注意したいポイント

CB750メンテナンス

1990年代前半、400クラスで大勝利をおさめたゼファーをひっさげて750市場に乗り込んできたカワサキの勢いをとめるために投入されたホンダの切り札といえる車種がCB750です。

 

伝統的なスタイルを残しつつも乗り味は現代風にアレンジがまされているため、乗り手を選ばないバイク…という表現がしっくりくる一台だといえます。

 

そんなCB750を売却する場合のポイントをいくつかお伝えしておきます。

 

まずCB750に搭載されたこの時期のホンダの空冷4サイクルDOHC直列4気筒はよく回るだけでなく大きな故障やトラブルの非常に少ない優秀なエンジンだと思います。

 

基本的なエンジンオイルやフィルター類のメンテナンスをきちんと行っていればそう簡単に壊れる可能性はないはずです。その点は査定士やメカニックも認識しています。

 

査定時に始動性に問題があったり、ヘッド周りから異音がしない限り、そう大きな減額は心配しなくてよいかと思います。

ホンダ車は頑丈なエンジンのせいでメンテナンスが怠りがち…

バイクメンテナンス

また中型〜大型のホンダ車全般にいえることですが、致命的なエンジントラブルが少ない分、メンテナンスを怠りがちなオーナーさんも多いようです。

 

他メーカーでは頻繁に不具合が発見されてショップに持ち込まれるケースが多いものの、ホンダ車の場合、突然のエンストや走行中の大きなトラブルが格段に少ないので他の各部の不具合が放置されるパターンが目立ちます。

 

今回のCB750も例にもれず、査定時にエンジン以外の足回りや制動系、タイヤやブレーキパッド等の消耗部品をチェックされて減額されるパターンが予想されます。

 

最低限、エンジンオイル、タイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルター程度はチェックしておきましょう。

 

売却先の店舗によってケースバイケースになってきますが、ドライブスプロケット、チェーン、クーラント、ライトバルブ、ブレーキフルード、ブレーキホース、クラッチホースまで細かく状態をチェックしてくるケースも多々あるので余裕があれば総点検しておきましょう。

CB750買取の査定時にチェックされる部分とは?

カスタムパーツ

前述のようにエンジン関係で大きな故障の少ないCB750の場合、事故歴や転倒歴のある車両をのぞいてはさほど査定時に細かくチェックされるケースは少ないと思います。

 

そもそもCB750に乗っているオーナーさんの場合、基本的にバイクの運転技術やメンテナンス技術も期待できます。そうそう劣悪な車体は見つかりませんので査定士やメカニックも執拗に細かくみてこないかと思います。

 

しいて挙げるなら空冷ということでオイルの劣化が激しいこと、電装系が若干弱いことくらいのものではないでしょうか。

 

そんなCB750の場合、車両の状態よりもカスタム内容がポイントになってきます。

 

基本的にどんなバイクでもカスタムパーツが増えることで査定額はどんどん減額されます。

 

CB750の場合、たいていのオーナーさんは排気系や何らかのカスタムパーツに交換されているかと思います。もちろんカスタムパーツのままでも買取可能です。

 

ただ査定額についてシビアに考えるならば、事前に純正部品にすべて戻しておくことをお勧めします。

 

オーリンズのリアサスやブレンボのキャリパーといった一部の有名人気ブランドのカスタムパーツをのぞき、大半のカスタムパーツに関しては純正部品より確実に低く評価されるのは間違いありません。

 

いくら購入時に高額なカスタムパーツだとしても、次に購入されるユーザーさんの好みに合っていなければ買い手がみつかりません。そういった部分を考えても好みに左右されない純正部品に「戻しておくことをお勧めします。

CB750買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

転倒歴

中古市場でも安定した人気のCB750の場合、そこそこ綺麗に乗られていた車体の場合、予想以上に安く査定されることも少ないかと思いますが、以下の場合は相場以下になることは覚悟してください。

 

まず事故歴や転倒歴。

 

バイク売却の査定時に、査定士やメカニックがもっとも注意する部分の一つが、事故歴や転倒歴の有無になってきます。

 

軽い事故や転倒でも本人が思った以上にダメージが生じているケースもあります。

 

転倒後や事故後に破損したパーツを交換済みだとしても、フレームの微妙な歪みや曲がり、ステップ取付部やカウル類の取付ブラケットが僅かに曲がっていたりするものです。

 

とくに中古バイクとして購入された車両の場合、自分が購入する前に事故歴や転倒歴があった可能性もあります。購入前については仕方ありませんが、自分の知っている事故歴や転倒歴は査定時に必ず申告してください。

 

また細かい部分でいえばオイル滲みや燃料滲み査定時に必ず指摘される部分です。

 

低年式のCB750の場合、シール類や各部のパッキン類がそもそも耐久性が低く、劣化によってオイル滲みが生じているケースも頻繁にみられます。

 

ヘッド周りを中心に滲みや漏れを確認し、査定時に突っ込まれないためにも洗車やウエスによって綺麗に除去しておいてください。

CB750の車両情報と特徴

CB750

400tクラスで盛り上がりをみせたネイキッド・ブームでしたが、そのブームは400tクラスだけにとどまらず、750t市場にまで波及しました。

 

そのネイキッド・ブームを支えた立役者といえるバイクが、カワサキのゼファー750と今回のCB750の2台でした。

 

この人気を二分した2台を比較した場合、運動性能や走行性能に関してはCB750の方が微妙に上回っていたと管理人は認識しています。

 

それは中古市場での人気や販売価格にも現れています。発売から相当な年数が経過しているにもかかわらず」中古市場でも安定して高値をキープしている数少ない車両のひとつといえるでしょう。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン