CRF250L/M高額買取

CRF250L/M高額買取のポイントとおすすめの売却先

CRF250L

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、CRF250を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。
まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、CRF250の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはCRF250をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くCRF250の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

CRF250L/M売却時に注意したいポイント

確認

過去にCRMやXRシリーズで一時代を築いたホンダが、インジェクション採用モデルとして新しく市場に投入した本格派エンデューロマシンが2012年に発売されたCRF250L/Mでした。

 

他車のエンデューロ車両とくらべても評判の良いCRF250L/Mの場合、どの売却先でもそれなりの査定額が期待できますが、いくつか注意すべき部分もあります。

 

今回はそんなCRF250L/M売却時のポイントを書いておきます。

 

まず発売から数年間しか経過していないCRF250L/Mの場合、よく回る上に故障の少ない水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒ということもあって、多少の乱暴な乗り方でも故障や不具合に至ることは無いかと思います。

 

エンデューロ仕様のLモデルも、モタード仕様のMもそれなりに悪条件での使用を前提に製造されています。一般的なユーザーさんのレベルでは逆に壊す方が困難なエンジンだと思います。

 

ただこのCRF250L/Mにも弱点はあるようで、一時期の車体だとカムチェーン周辺に問題を抱えているタマもあったと記憶しています。

 

カムチェーンテンショナーやカムガイド関連のトラブルは放置すれば致命的な事故やエンジントラブルに発展します。もちろん査定時にも大きな減額となってくるので査定前にはカムチェーン付近から異音がないか慎重に確認しておくといいでしょう。

CRF250L/M買取の査定時にチェックされる部分とは?

エンデューロ

基本的にエンデューロ走行やトレイル、林道といったフィールドがメインになってくるエンデューロ仕様のLモデルの場合、中古市場のユーザーさんも小さな傷やダメージは気にしない方が多いはずです。

 

よってシュラウドの傷や小さな割れ、欠けといった外装関係はさほど気にする必要ないかと思います。むしろエンジンの始動性やアクセルのツキ、吹け上がりがスムーズか…といった部分が査定額を決定します。

 

とくにホンダ車のFIモデルの場合、FIを制御するコントロールユニットの不良や警告灯や各種のランプ類の異常が他メーカーよりも頻発しています。査定士やメカニックによってはこの辺りも減額対象として執拗にチェックしてくることも想定されます。

 

一方、モタード仕様のMモデルの場合、査定基準はロードスポーツの査定に近いものになるでしょう。一部のコアユーザーさんはこの車種をベースにモタードレースに本格参入するケースもありますが基本的に大部分のユーザーさんは街乗り仕様になります。

 

エンデューロ仕様のLよりも外装関係のチェックも厳しく、転倒歴や事故歴も慎重にチェックされるかと思います。

 

 

立ちごけ程度なら大した減額になりませんが、修理を要する事故歴や転倒歴の場合、いくらパーツ交換したところで車体に何らかの痕跡は残るものです。

 

査定士やメカニックの方は確実に事故歴や転倒歴を見破ってしまうので、自分の記憶している事故歴や転倒歴は必ず査定時に申告して下さい。

CRF250L/M買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

バイクメンテナンス

これといった大きな不具合や致命的なトラブルの事例の少ないCRF250L/Mの場合、査定時に普通に一発始動して異音なく吹け上がりが確認されれば大きな査定額の減額は無いはずです。

 

同時期に発売されたCBR250Rのようにタイ生産ということもなく、作りこみが甘いという部分も見受けられません。

 

もし予想外に安く査定されるとすれば前述のようにカムチェーンテンショナー付近の不具合を放置して大きな異音がガラガラと鳴っているような場合くらいのものです。

 

たしかメーカーのリコール対象になっていたかと思いますので一度公式サイトやホンダ・ディーラーで確認だけでもしておくといいでしょう。

 

また乗り方にもよりますが、ちょうど消耗部品の交換時期が連続する時期に突入しているかと思います。この手の車両のオーナーさんならメンテナンス技術も工具もあるはずです。

 

とくにエンデューロ仕様のLに関しては走行距離のわりに足回りがヘタっている車体も多いかと思います。明らかにスコスコに抜けた足回りの場合、要交換と判断され大幅にマイナス査定となるケースもままあります。

 

そして最低限、エンジンオイル、タイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルター等は査定時にチェックされてもよい状態に改善しておきましょう。

 

ドライブスプロケット、チェーン、クーラント、ライトバルブ、ブレーキフルード、ブレーキホース、クラッチホースといった部分も、交換時期といえる部分は思い切って査定前に交換すれば、無駄に減額される可能性も低いはずです。

CRF250L/Mの車両情報と特徴

CRF250L

多くの車種が2007年の排ガス規制によって消えゆく中、最先端のフューエルインジェクションを搭載してエンデューロ市場に殴り込みをかけた車両がホンダのCRF250でした。

 

過去にXRシリーズでこの市場を制していたホンダが、空冷→水冷、キャブレター方式→インジェクション方式でも通用するのか…と話題になったものでしたが、結果として成功をおさめた車種といえます。

 

またモタード目的のユーザーさんにとっても嬉しいモタード仕様のモデルを派生モデルとして翌年にはデビューさせました。スズキのDR400Z同様、痒い所に手が届く仕様だといえます。

 

もちろんエンデューロ仕様、モタード仕様ともに中古市場では人気の一台です。車種が車種だけにピカピカの新車よりもこなれた美中古車両が好まれる傾向にあります。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン