ニンジャ(ninja)250高額買取

ニンジャ(ninja)250高額買取のポイントとおすすめの売却先

ニンジャ250

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、ニンジャ(ninja)250を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、ニンジャ(ninja)250の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはニンジャ(ninja)250をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くニンジャ(ninja)250の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

ニンジャ(ninja)250売却時に注意したいポイント

バイクメンテナンス

カワサキの伝統的な車種ともいえるニンジャ・シリーズは過去に数多く販売されてきましたが、中でも今回は排ガス規制以降のFI採用モデルである、ニンジャ250R/SL/ABSあたりに絞って買いておきます。

 

まずニンジャ250R/SL/ABSと、どれも排ガス規制後のインジェクション採用モデルになります。初期のニンジャ250Rだとしても減額されるほどの年数が経過しているとはいえません。

 

またこの時代のニンジャ250R/SL/ABSに搭載された4ストローク水冷DOHC4バルブ並列2気筒はカワサキ製にしては故障が少ないよくできたエンジンだと評判も上々です。

 

その辺りは査定士やメカニックも心得ているので執拗なエンジン関係のチェックは無いかと思います。査定時にいつも通りに始動して吹け上がりが問題ないようならOKだといえます。

 

そんなニンジャ(ninja)250が売却時に注意すべきポイントは消耗部品を含めた日常的なメンテナンスがなされていたか…という部分になってきます。

 

たいていのニンジャ(ninja)250オーナーさんの場合、日常的にエンジンオイルやタイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルター等まではメンテナンスしているでしょう。

 

ですが売却先の査定士さんやメカニックの多くは、ドライブスプロケット、チェーン、クーラント、ライトバルブ、ブレーキフルード、ブレーキホース、クラッチホースといった部分までしっかりと消耗具合をチェックしてきます。

 

オイル類やホース類と一つ一つのパーツ単体は安い部品でも、積もり積もれば大きな査定額の減額につながってきます。

 

査定時に無駄に減額されたくない方、少しでも高く売却したい方は事前にセルフメンテナンスか良心的な価格のショップで交換しておくことをお勧めします。

ニンジャ(ninja)250買取の査定時にチェックされる部分とは?

ニンジャ250カスタムパーツ

この時代のニンジャ(ninja)250を生粋のレーサーレプリカと呼ぶのかどうかはさておき、この手のフルカウルタイプの車両の場合、小さな転倒歴や事故歴が査定額に大きく影響します。

 

ひと昔前よりも一つ一つのカウル類が大型化した現在、ちょっとした割れや欠けが生じても大きなカウルごとの部品交換を余儀なくされます。カワサキ車のサービスマニュアルをご覧になればお分かりですが決して部品代は安くありません。

 

そのため、軽いタッチアップ程度でごまかしきれない傷や割れ、欠けの生じたカウル類が発覚した場合はそれなりの減額は覚悟しておきましょう。

 

もちろんタッチアップ程度とはいっても素人補修は禁物です。塗装業のオーナーさんでもないかぎり修理跡の痕跡は残ります、その場合修理の手間が必要以上にかかってくるので素人の方は手を出さない方が無難だといえます。

 

また安価なカスタムパーツを装着している場合、純正部品に戻しておくことをお勧めします。

 

中国をはじめとした外国製のパーツ類の中には精度の悪いパーツも多々みられます。たしかに購入金額が安いのは魅力ですが査定時にはデメリットばかりで何一つメリットはありません。

 

査定士やメカニックとしても、買取後にそのまま販売することができないために大きく減額されます。もし純正部品がみつからない場合はネットオークション等で状態のよい純正部品を用意するのも一つの方法だと思います。

ニンジャ(ninja)250買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

上記の内容のまとめ的な内容になってきますが、カスタムパーツてんこ盛りの車体、または外装のカウル類にダメージの目立つ車体、そして日常的なメンテナンスがなされていなかった車体はまず相場以下で査定されるはずです。覚えておきましょう。

 

また安く査定される…というとニュアンスが違ってきますが、ニンジャ250R/SL/ABSといった型式やモデルが違うことで査定額が大幅に高くも安くもなってきます。

 

単純にモデルによって新車販売価格が大きく違うので致し方ないかもしれません。初期のニンジャ250SLを売却する場合と、高年式のニンジャ250ABSの限定モデルを売却する場合、普通に20万くらい査定額が違うというケースもでてきます。

 

どちらに売却するにせよ、申し込み前に登録書類を確認して型式やモデル名、年式等を再度チェックしておきましょう。

ニンジャ(ninja)250の車両情報と特徴

ニンジャ250

2000年以前のような盛り上がりはみられないものの、多くの車種が生産終了に追い込まれる中、排ガス規制後に登場したニンジャ(ninja)250は非常に貴重な存在だといえます。

 

免許制度がどんなに変わろうとも、欧米のライダー達とは根本的な体格の違う日本人ライダーにとって、この250クラスのスポーツバイクはもっともバイクの性能を引き出しやすいクラスなのです。

 

都心部では持て余してしまうリッタークラスに比べ、街乗りでもしっかりとパフォーマンスを発揮できる250スポーツということで、継続的に売れ続けて、現行生産されています。

 

もちろん中古市場でも高値を人気のニンジャ(ninja)250です。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン