リード125高額買取

リード125高額買取のポイントとおすすめの売却先

リード125

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、リード125を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、リード125の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはリード125をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くリード125の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

リード125売却時に注意したいポイント

スクーター

まず最初にお断りしておきますが、当ページにリード100EX等の売却情報を求めてこられて方もいるかと思います。申し訳ありませんが今回はフルモデルチェンジ以降のリード125に絞って書かせていただきます。その点はご了承ください。

 

ではさっそくリード125売却時のポイントをいくつかお伝えしておきます。

 

まずこの型式のリード125に搭載された水冷4ストロークOHC単気筒、スクーター史上でも非常によくできたエンジンだと思います。

 

ネット上の口コミや評判を探したところで、この時期のリードの水冷4ストロークOHC単気筒が壊れたとか故障したなんて情報はほぼ皆無だとおもわれます。実際に周囲の人間でこの時期のリード125が壊れたという話は管理人も聞いたことがありません。

 

完全にノーメンテナンスとまでは言い過ぎですが、基本的なエンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター程度に注意しておけば1万2万と楽勝に走るので査定時もさほど減額されないはずです。

 

むしろ査定時にチェックされるのは年式や走行距離よりも消耗部品の状態や保管状態になってくるでしょう。

 

残念ながらミッションバイクにくらべ、スクーター車両の購入層の多くは、バイクメンテナンスについての知識の乏しい方が多く、実際に乗りっぱなしの状態で放置されている車両も多いといえます。

 

そんなビッグスクーターの売却の場合、最低限、エンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター、タイヤ等がきちんと交換されているか…という部分が査定額を大きく左右します。注意しておきましょう。

 

また低年式のリード125となれば、それなりの年数が経過しています。

 

保管されている環境が悪い場合、どんなにメンテナンスに気をつけても錆は進行しますし、外装のカウル類やレザーシート表面も劣化、退色します。

 

とくに初期のリード125となると、年式や走行距離といった部分よりも保管状態がもっとも査定額に影響を与えるのは言うまでありません。

 

売却前にどうこうできる問題ではありませんが、保管状態が良好でなかったオーナーさんは少しでも綺麗に洗車して艶出し材等のケミカルで外観上の印象を上げることも考えておくとよいかと思います。

リード125買取の査定時にチェックされる部分とは?

スクーターカスタム

流行に左右されやすい若者向けのスクーターと違い、リード125の場合、ドノーマル状態でアーバンコミューターとして利用される方が大半になってきます。

 

そもそもカスタムパーツ類も豊富でないリード125の場合、カスタムによる査定額の減額については心配要りませんが、その代わりに各部の消耗部品の状態で大きな減額となるケースもあるようです。

 

通勤や通学といった毎日の足として利用される車両だけに、中には年式からは想像もできない程のとんでもない走行距離のタマもみられます。

 

走行距離どうこうで大きな減額になるものでもありませんが、走行距離が多いことはそれだけ各部の負担や劣化が激しいという部分は否めません。

 

かなりコマメにメンテナンスされている車体は別として、査定士の目からみれば大半の車体は消耗部品の交換時期を迎えた減額対象の車両になります。

 

最低限エンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター、タイヤ程度、さらに1万、2万と走行した車両だったら、Vベルト、ブレーキフルードブレーキホース、クラッチホース、クーラント、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイル等も査定前に確認しておきたいところです。

リード125買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

査定が安い

上記のまとめ的な話になってきますが、この手の実用性重視のスクーターの場合、走行距離が多いことで生じる消耗部品の状態が査定額に大きく影響してきます。

 

当然ですが買取側の店舗も再販売する前に最低限のメンテナンスや部品交換は行います。常識の範囲を超えた消耗部品の場合、交換しないことには再販売できないですし購入者にとって非常に危険な状態ですから当たり前の話ですね。

 

ただ買取店舗の査定士の中には細かいスモールパーツの値段をオーナーさんが把握していない事を悪用して割高な値段を提示して減額してくる方も少なくないといわれています。

 

無駄に減額されないためにも、良心的なショップやセルフメンテナンスで消耗部品を交換しておくか、交換しないまでも事前にパーツマニュアル等でスモールパーツの価格は調べておくことをお勧めします。

 

また忘れてはならないのが事故歴や転倒歴ですね。

 

中古バイクの査定において査定額が減額される代表的なパターンといえば、事故歴や転倒歴、過度なカスタム、さらに消耗部品の状態や日常的なメンテナンスがなされていたか…という部分になってきます。

 

本人としては大した転倒や事故でなくとも、車種によっては致命的なトラブルが生じているケースも普通にあります。

 

中でもフレームに歪みや曲がり、大きな削れや擦れといったダメージが発覚すれば大幅な減額は覚悟しておきましょう。

 

とくにミッションバイク等にくらべ前後方向の力に弱いスクーターの場合、意外と簡単にフレームに歪みが生じます。気になる方は査定前にバイク知識の豊富な方や近くのショップで確認しておいてもよいでしょう。

リード125の車両情報と特徴

リード125

ホンダのスクーターの歴史を語る上で、リード・シリーズの功績は大きく、派手さはないもののある意味ホンダのスクーターを代表するモデルともいうことができます。

 

また発売当初から、若者のスポーツ・カジュアル路線よりも少々年齢層が高めの層をターゲットにしていたことも勝因のひとつだといえます。

 

そしてバイク業界の流れや環境問題に向き合い、その時代その時代に合わせてフルモデルチェンジを続けてきたことがリード・シリーズが今でも人気の理由だと思います。

 

この手の車両は新車の人気が高い…というのが定説ですが、乗り出し価格をおさえるために状態の良い中古車両もそれ以上の人気といえます。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン