フュージョン/タイプX/SE高額買取

フュージョン/タイプX/SE高額買取のポイントとおすすめの売却先

フュージョン

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、フュージョンを売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、フュージョンの買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはフュージョンをもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くフュージョンの査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

フュージョン/タイプX/SE売却時に注意したいポイント

フュージョン足回り

基本、大きなエンジン関係のトラブルの少ないフュージョンなので普通にオイル交換等のメンテナンスをなされたいた方は査定時に変に突っ込まれる心配もないかと思います。

 

たた査定時のタイミングで始動性が悪かったり吹け上がりがイマイチの場合、理由はどうであれ印象も悪い上に査定額の減額になってきます。最低でもプラグ系統は確認して被ったり焼けている場合は査定前に思い切って交換した方が無難だといえます。

 

また年式問わず、フュージョン・シリーズはメーター周りの故障が多いと感じてます。スピードメーターや水温系が壊れたものの放置している車体を多くみられます。当然ですが買取店舗は買取後に交換することになってきます。部品代や工賃を実費で減額されることは覚悟しておきましょう。

 

またタイプX、SE、さらに台数限定の豪華モデルという派生モデルのそこそこ多いフュージョンの場合、派生モデルによって査定額も大きく変わるようなイメージを持たれる方もいますが、中古相場的には派生モデルによって大きく販売価格が違うようには感じられません。

 

むしろ高年式であったり走行距離が少なめ、外装関係の状態の良し悪しが販売価格に直結しているように感じられます。なのでスタンダードモデルのオーナーさんも程度しだいではそれなりの査定額が期待できる車種ともいえます。

フュージョン/タイプX/SE買取の査定時にチェックされる部分とは?

フュージョン査定時注意点

上記の内容と少しカブってしまいますが、故障の目立つメーター周りやCDI、プラグコード類といった電装系の弱さが有名なフュージョンの場合、査定士やメカニックはその部分を中心にチェックしてくることが想定されます。

 

中には過去にメーター周りや電装系のトラブルで修理や 部品交換をなさったオーナーさんもいるでしょう。その場合は査定時に交換の趣旨を査定士に伝えておけばよいかと思います。

 

また中古フュージョンにおいて販売価格を左右する部分といえば、他でもない外装のカウル関係やシートの状態です。

 

オーナーさんなら知っての通り、フュージョンのカウル類やシートは巨大なパーツの集合体です。したがって交換を要するダメージがあれば減額も大きくなってきます。

 

フュージョンに限った話ではありませんが、ビッグスクーターをはじめとしたカウル類で覆われたスクーターの場合、エンジン内部や足回り関係のチェックが甘くなるかわりに外装部品のチェックが厳しくなる傾向があります。

 

純正部品も高額なケースも多いので、外装部品の割れや欠け、紫外線や風雨による劣化は大幅な減額につながりやすいので注意してください。

フュージョン/タイプX/SE買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

フュージョン査定

基本、2000年以前のフュージョンとなってくると15年〜20年落ちの車両ということになります。残念ながら保管状況に相当に注意してきた車体は別として、大半は各パーツ類が寿命を超えているはずです。

 

とくに樹脂部のカウル類やヘッドライト、ウインカーレンズといった保安部品、そしてゴム製のオイルシールやダストシール、各部のパッキン類は劣化して硬化・ヒビ割れしているはずです。

 

これから売却というタイミングで敢えて交換する必要もないとは思いますが、それらの部分は査定士やメカニックからすれば格好の減額ポイントということは覚えておいてください。

 

中には必要以上に減額を提示する査定士もいるはずです。無駄に減額されないためにもパーツマニュアル等で純正のスモールパーツの価格は知っておいてもよいかもしれません。

 

またフュージョン・シリーズにかぎった話ではありませんが、当時のビッグスクーターの購入層の多くは、バイクメンテナンスについての知識の乏しい方が多かったものです。

 

実際に乗りっぱなしの状態で放置されている車両、中途半端なカスタムによって劣悪な状態の車体も多い気がします。

 

そんなフュージョンの売却の場合、最低限、エンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター、タイヤ等がきちんと交換されているか…という部分が査定額を大きく左右します。

 

確実に査定時にチェックされる部分ですので不安な方は査定前に総点検しておくことをお勧めします。

フュージョン/タイプX/SEの車両情報と特徴

フュージョン

1990年代に訪れた空前のビッグスクーター・ブーム。

 

その立役者といえるヤマハのマジェスティ、ホンダのフォルツァといった大ヒット車種よりもずっと昔から存在していたビッグスクーター…元祖ビッグスクーターといえばフュージョンに他なりません。

 

このフュージョンが登場した当時、あまりに時代の先端を行き過ぎた結果、ごく一部のキワモノ好きのユーザーさんにこそ支持されましたが、ヒット車種とよべるほどの販売実績を伸ばすことはできませんでした。

 

しかし一度ビッグスクーター・ブームになった途端、街中に溢れるマジェスティやフォルツァに飽き飽きしたユーザーさんの中にはフュージョンをベースにカスタマイズされる方も続出。

 

その結果、カスタムベース車両としてのフュージョンの人気が爆発した…という変わった経緯のある車両です。残念ながら排ガス規制の強化によって対応できず生産終了に追い込まれた一台ではありますが、今でも独特なフォルムが人気で程度のよいフュージョンは中古相場をキープしています。

 

ただ売却先によっては年式や程度だけで判断してくる店舗もあります。その辺りは注意して売却先を選んでおきたいものです。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン