ズーマー(zoomer)高額買取

ズーマー(zoomer)高額買取のポイントとおすすめの売却先

ズーマー

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、ズーマーを売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、ズーマーの買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはズーマーをもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くズーマーの査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

ズーマー(zoomer)売却時に注意したいポイント

ズーマーメンテナンス

ホンダのネイキッド・プロジェクトの中でも予想外に大ヒットをとばした車両といえばズーマー(zoomer)に他なりません。

 

中型でもスカチューンというカスタムが市民権をえたこともあり、原付スクーターとしては爆発的なヒット車両といえます。

 

そんなズーマー(zoomer)売却時のポイントとなると、2007年の排ガス規制強化によるインジェクション採用モデルかそれ以前のキャブ仕様のモデルかという部分になってきます。

 

基本的にズーマー(zoomer)に搭載されている水冷4ストロークOHCエンジンは悪くないエンジンなのですが、正直、2001年の発売当初はちょいちょい故障や不具合の事例が見受けられました。

 

もちろん何度かのマイナーチェンジでその辺りは解消されたわけですが、低年式のズーマー(zoomer)の場合、対処前の部品のままで爆弾を抱えている可能性もあります。

 

残念ながら2001年〜2006年までのキャブモデルの場合、その辺りを突っ込まれて大した査定額に発展しないことも想定してください。

 

とくにカスタム済みのズーマー(zoomer)になると査定額はさらに厳しくなってきます。

 

マフラー程度ならそのままの査定額で買取してもらえることもあるでしょうが、ベルト類やプーリー等をユーザーさんレベルでカスタムした場合、がっつりと査定額は減額されて状態によっては二束三文のようなパターンもあるでしょう。

 

その場合はいっそのことネットオークション等でジャンク扱いで売却したり知人に譲った方が得策かもしれません。廃車手続きや車両の処分できれば査定が0円でも構わない…という場合のも買取店舗で査定してください。

ズーマー(zoomer)買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

査定が安い

ズーマー(zoomer)売却の場合、査定額が安くなるかどうかの大きな分岐点はノーマル状態かカスタム済みか…という部分になります。

 

ズーマーの場合、たいていのオーナーさんは何らかのカスタムパーツに交換されているかと思います。もちろんカスタムパーツのままでも買取可能です。

 

ただ査定額についてシビアに考えるならば、事前に純正部品にすべて戻しておくことをお勧めします。

 

一部の有名人気ブランドのカスタムパーツをのぞき、大半のカスタムパーツに関しては純正部品より確実に低く評価されます。

 

いくら購入時に高額なカスタムパーツだとしても、次に購入されるユーザーさんの好みに合っていなければ買い手がみつかりません。

 

そういった部分を考えても好みに左右されない純正部品の評価が高いのです。

 

また細かい話をすればカスタムパーツの質も査定額を左右します。

 

ネットオークション等で出品されている中国製のノーブランドのカスタムパーツ類の中には精度の悪いパーツも多々みられます。こういったパーツは査定時にはデメリットばかりで何一つメリットはありません。

 

査定士やメカニックとしても、買取後にそのまま販売することができないために大きく減額されます。不安な方は精度の悪いカスタムパーツは純正部品に交換しておきましょう。

 

またエンジン内部まで手を入れたズーマー、ロンスイやフレーム加工といった原状回復不可能な状態のズーマーの場合、残念ながら大手のバイク買取店舗では故障やトラブルのリスクが大きくて査定額は期待できません。

 

ズーマーのカスタムに強い専門店に持ち込んで査定することも視野にいれておくべきだと思います。

ズーマー(zoomer)の車両情報と特徴

ズーマー

250や400といった国産中型市場が空前のストリート系カスタムのブームをむかえた1990年代から2000年代前半、ついに50tの市場にもストリート系カスタムのブームが押し寄せてきました。

 

その中心に位置していたバイクといえばホンダのズーマー(zoomer)です。

 

これまでの原付スクーターの概念をぶち壊すような外装関係のカウル類をとっぱらったフレームむき出しのフォルム。まさに先立って流行していたヤマハTWシリーズのスカチューンのような状態です。

 

すでにスポーツスクーターの市場も成熟され、新しい流れを模索していたタイミングだっただけにバカ売れというレベルで売れました。

 

すでにカスタム済みのようなズーマー(zoomer)ですが、カスタムパーツメーカーもここぞとばかりにパーツを充実した結果、収集つかないレベルまでカスタマイズされたズーマー(zoomer)も街中にみられました。

 

新車購入の可能なズーマー(zoomer)ですが、購入層が若い10代の若者ということで乗り出し価格を安くおさえるために程度の良い中古車両も人気だといわれています。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン