W400高額買取

カワサキ W400高額買取のポイントとおすすめの売却先

カワサキ W400

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、W400を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、W400の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはW400をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くW400の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

W400売却時に注意したいポイント

カワサキ W400

ではW400売却の査定時に注意しておきたい部分をさっそくお伝えしておきます。

 

まず外観上の最大の特徴ともいえるW650譲りのバーチカルツインについて。

 

このW400に搭載された空冷4ストロークSOHC4バルブ並列2気筒は作りそのものがシンプルな構造になっています。チラホラ不具合も発見されましたが致命的な故障となるようなトラブルの噂を聞きません。

 

たまにレギュレータやオルタネータといった電装系の不具合で始動性が悪いタマもみられますが、この辺りはカワサキらしく個体差によるものが大半でしょう。残念ながら外れにあたった場合はすでに症状がみられているはずです。

 

とりあえず症状が出ていない場合でも査定時のチェックで発覚すると大きな減額になります。査定前に電装系は必ず点検しておいた方がいいかと思います。

 

また年式によってクロームメッキ・モデルという車体もあったかと思います。このモデルは当然ですが、スタンダードモデルでも他車に比べメッキパーツの部分が多い車種です。

 

フロントフォーク、サイレンサー、エキパイ、ヘッドライト、ハンドル周辺のスモールパーツ…とメッキパーツが多いことも注意しておきましょう。

 

これらのメッキパーツは保管状態によっては簡単に浮きや剥がれ、腐食、くすみが進行します。おまけにクロームメッキ・パーツのダメージは基本的に誤魔化すことができません。

 

買取側も売却時にパーツ交換を余儀なくされるためにデリケートになっています。

 

初期の錆やくすみに関しては解消できます。できれば査定前に小さな錆や浮きを解消するためにケミカルやコンパウンドで解消しておくことをお勧めします

W400買取の査定時にチェックされる部分とは?

カワサキ W400

W400という車種を考えた場合、基本的にノーマルで乗られる方が大半で、仮にカスタムされたとしても、制動系や足回り強化というよりも排気系程度になってきます。

 

これらの排気系のカスタムパーツを装着したまま査定するべきか…という部分に悩まれる方もいるかと思います。

 

ですが結果からいわせてもらえば、純正部品を保管している場合は査定前に純正部品に戻しておくことをお勧めしておきます。

 

キャリヤやセキュリティ関連は別として、マフラーや外装関係のカスタムパーツの多くはユーザーさんの好みに左右されます。

 

買取した車両を最短で売却することが買取店舗の本音です。そういった部分からも誰にでも好まれる純正部品のノーマル車両が高く評価されるのです。

 

とくにW400のようなノスタルジック系の車両の場合、中古市場では圧倒的にノーマル車が人気になります。よかれと思って社外のマフラーのまま査定を受けてしまえば減額対象は免れません。

 

取り外したカスタムパーツは各自でネットオークション等で売却することをお勧めします。

W400買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

バイクメンテナンス

中古市場でも高値をキープしているW400の場合、ある程度の走行距離や状態であれば、まずそれなりの金額で査定されるはずですが、以下の場合は相場以下になってくるパターンもあります。注意してください。

 

まずW400のようなレトロ路線、ノスタルジック路線の車種の場合、外観上の雰囲気に惹かれて購入されるユーザーさんが大半です。とくにW400を印象づけるバーチカルツインの造形が購入の決め手という方が多いはずです。

 

そんなW400の場合、残念ながら転倒歴によってタンクの凹みや削れ、クランクケースカバーをはじめとしたエンジン回りの傷や削れ等が見受けられる場合は査定額への影響が大きいといえるでしょう。

 

傷や凹みの程度によっては、買取側が再販売の前に中古パーツを探して交換する手間や労力を要します。その辺りは確実に査定額の減額となってくるでしょう。

 

またW400にかぎった話ではありませんが、消耗部品がきちんと交換されているか…という部分もトータルの査定額に影響を与える部分のひとつです。

 

エンジンオイル、タイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルター等が適切なタイミングで交換されているか…という部分は真っ先にチェックされるはずです。

 

売却先の店舗によっては、ドライブスプロケット、チェーン、クーラント、ライトバルブ、ブレーキフルード、ブレーキホース、クラッチホースまで細かく状態をチェックしてきます。

 

当然ですが交換を要する部品が増えるほど査定額はどんどん目減りするので覚悟して下さい。

W400の車両情報と特徴

カワサキ W400

W1を現代風にアレンジして人気を集めたW650の成功によって、同じ雰囲気の車両を普通二輪免許(中型免許)のユーザーさんにも提供したい…というコンセプトのもとに発売された車両がW400でした。

 

ユーザーさんの中には単純にW650をボアダウンさせただけなのでは…という方もいるかもしれませんが、基本設計は似ているものの、車両としては全くの別物です。

 

W650では弱点ともいわれていた足つき性も改善されシート高が数cmほど低く設定されています。W650に比べてしまえばトルクは落ちるものの、それ以上に軽量、コンパクトというメリットを持ち合わせています。

 

また生産期間が3〜4年ということもあり、希少性が高く中古市場でも変わらず高値をキープしている一台ということができます。それだけに売却先選びによって査定額もけっこう上下するはずです。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン