CBR400R(NC47)高額買取

CBR400R(NC47)高額買取のポイントとおすすめの売却先

CBR400R

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、CBR400Rを売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、CBR400Rの買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはCBR400Rをもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くCBR400Rの査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

CBR400R(NC47)売却時に注意したいポイント

CBR400R査定

ホンダのCBR400Rと聞いて80〜90年代に大ヒットしたNC23をイメージされる古くからのバイク好きの方もいるかもしれませんが、今回は2013年に復活をとげたNC47売却に絞ってお伝えしています。

 

往年のCBR400Rについては別の機会で詳しく解説する予定ですので、とりあえずこの場ではNC47型のCBR400R売却時のポイントを説明させていただきます。

 

まずユーザーさんの中には、NC47型はタイホンダで製造されているために作りが雑なのでは…と誤解している方もいるようですが、基本的に各パーツはタイホンダで生産されていますが組み立て向上は日本の熊本だと記憶しています。

 

そのため生産コストをギリギリまで落としつつも、最終的な車体の管理は国内という理想的な車体がNC47型のCBR400Rの特徴といえます。

 

そんなCBR400Rの売却の場合、非常に頑丈な水冷4ストロークDOHC直列2気筒エンジンということもあり、一般的なライダーがシティユースで使用している限り大きなトラブルも無いでしょうしそれによる減額の心配も要らないでしょう。

CBR400R(NC47)買取の査定時にチェックされる部分とは?

CBR400Rリコール

販売されてからそう長い期間が経過していないCBR400R(NC47)の場合、普通にオイル類やフィルター類といったメンテナンスをコマメに行っているかぎり、そう大きなエンジントラブルという可能性も低いと思います。

 

ただリコール対象になっていたかどうか微妙ですが、冷却水が短期間で異常に減り続ける…または空っぽになるという事例が当時けっこうな話題になりました。おそらく冷却水のタンクそのものに不具合があるかと思いますが、その辺りを放置して乗り続けてきた車両の場合、焼きつき寸前というケースも考えられます。

 

査定時に空っぽになった冷却水タンクを指摘された場合、エンジンの状態がどうであれ査定額の減額につながることは明らかです。ぜひ査定前に念のため冷却水は確認して補充しておくべきだと思います。

 

またリコール対象部としてロッカーアーム部のボルトの不具合も発表されていた気がします。

 

このロッカーアーム部の不具合も放置すればエンジンオイルが空になるだけでなく、いつかロッカーアームが抜けて大事故につながる恐れもでてきます。売却するしないは別として愛車がリコール対象か確認だけでもしておくことをお勧めします。

CBR400R(NC47)買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

CBR400R保管

基本的に中古市場でも一定の人気を保つCBR400R(NC47)の場合、どの売却先に手放したとしてもある程度の高額査定は期待できるかと思います。

 

もし一般的なCBR400R(NC47)の買取相場を下回る査定額になるとすれば、この車種にかぎった話ではありませんが、転倒歴や事故歴のある場合、または著しく劣悪な保管状態だった車体の場合ではないでしょうか。

 

CBR400Rのようなフルカウルタイプの車両の場合、軽い事故や転倒でも本人が思った以上にダメージが生じているケースもあります。

 

転倒後や事故後に破損したパーツを交換済みだとしても、フレームの微妙な歪みや曲がり、ステップ取付部やカウル類の取付ブラケットが僅かに曲がっていたりするものです。大部分がカウルで覆われているため、所有者本人もダメージに気がついていない場合もままあります。

 

また中古バイクとして購入された車両の場合、自分が購入する前に事故歴や転倒歴があった可能性もあります。購入前については仕方ありませんが、自分の知っている事故歴や転倒歴は査定時に必ず申告してください。

 

またCBR400Rといった車両を劣悪な屋外保管で放置されるユーザーさんも少ないかと思いますが、こういった樹脂製のカウル部分の多いバイクの場合、紫外線や風雨によるダメージが顕著にでてきます。

 

こればかりはオーナーさんの努力によってどうにもならないケースといえますが、室内で一定の温度・湿度というガレージで保管できないCBR400Rオーナーさんの場合は、査定前に洗車とワックスアップは確実に実施してください。

 

紫外線によって華やかなカウル類が退色し、くすんでいる場合中古市場でも買い手がみつかりにくいことから査定額も減額になります。ケミカルやポリメイトのような艶出し剤を駆使して艶や輝きを取り戻して査定に臨みましょう。

CBR400R(NC47)の車両情報と特徴

CBR400R

歴代のホンダでも人気モデル、CBR600RRを彷彿させる外観に、扱いやすい新世代の水冷4ストロークDOHC直列2気筒を搭載した当モデルは、ワインディングをガンガンにかっ飛ばすバイクというよりも、スポーツ走行をメインとしたツーリング使用に適した車種だといえます。

 

過去のCBR400Rのもっさりとしたデザインで離れてしまったホンダのコアなファンを再び取り戻すきっかけとなった1台だといわれています。

 

新車価格をおさえるために各部の部品をタイホンダで生産し、最終的なチェックは国内の組み立て工場…という理想的な生産体制で生産されているのもCBR400R(NC47)の特徴すべき部分だといえます。

 

しかしその反面、オイル漏れや冷却水漏れといった製造過程での基本的なミスや不具合が相次いだことで酷評を受けるケースも多く、ある意味ホンダらしくない車両ともいえます。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

 

おすすめの買取店舗ボタン