スカイウェイブ250高額買取

スカイウェイブ250/タイプS/タイプM/SS 高額買取のポイントとおすすめの売却先

スカイウェイブ250

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、スカイウェイブ250を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、スカイウェイブ250の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはスカイウェイブ250をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くスカイウェイブ250の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

スカイウェイブ250/タイプS/タイプM/SS売却時に注意したいポイント

スカイウェイブ250

さっそくスカブことスカイウェイブ・シリーズ売却時のポイントや注意点をお伝えしていきます。

 

当ページをご覧の方はスカブ・オーナーさんが大半かと思われます。説明不要だとは思いますが愛車の型式やモデルを念のためもう一度確認しておきましょう。

 

というのもスカイウェイブ・シリーズは派生モデルが非常に多く、突然増えたと思ったら数年後に姿を消す…というモデルも存在します。

 

当然ながら型式やモデルで大きく査定額も違ってきます。自分の愛車の査定額を知りたい方、具体的な数字が気になる方は年式も含めて登録書類で確認しておきましょう。

 

また注意点といってよいのか分かりませんが、残念ながら低年式のスカブには無茶苦茶な乗り方な上にほぼノーメンテナンスで乗られたタマが多いです。

 

中古市場をチェックして異様に安い価格帯のスカイウェイブをみたことはありませんか?

 

ああいった車体の大半は、まともにメンテナンスされずに乗り続けてきた車体か劣悪なカスタムパーツてんこ盛りの車体だといえます。

 

もちろん購入後にトラブルのリスクも高いため、中には最低限の保証や現状渡し…という場合もあります。そういった扱いになると査定額も安くなるので事前に最低限のメンテナンスくらいは行ってから臨んでください。

スカイウェイブ250/タイプS/タイプM/SS 買取の査定時にチェックされる部分とは?

スカイウェイブカスタム

先ほどの話と少々カブる部分がありますが、スカイウェイブ250にかぎらずビッグスクーターとよばれる車両の多くはまともにメンテナンスされていないパターンが非常に目立ちます。

 

ミッションバイク等に比べてもカウル類で覆われているのでメンテナンスしにくい…という面もありますが、それを差し引いても乗りっぱなしの車体が多いと思います。

 

原付スクーターならまだしも、スカイウェイブをはじめ最近のビッグスクーターは新車価格が70万程度の車体がほとんどです。バイクの寿命を少しでも伸ばすという意味でもう少しメンテナンスに注意してもらいたいものです。

 

少々話が脱線しましたが、ビッグスクーターの中でもGマジェやフォルツァと並びスカイウェイブ・シリーズも、もれなく程度の悪い車体が多いということです。

 

もし1万、2万と走行したスカイウェイブだったら、Vベルト、ブレーキフルードブレーキホース、クラッチホース、クーラント、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイルまでは無理かもしれませんが、最低限のエンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター、タイヤ、ブレーキパッドくらいは確認しておきましょう。

スカイウェイブ250/タイプS/タイプM/SS 買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

スカイウェイブ安く査定

一時期のビッグスクーター・ブームほどではありませんが、今でも少なからずカスタムパーツを盛り込んだスカブの方もいるでしょう。

 

基本的に売却の査定においてカスタムパーツが純正部品より評価されるケースはありません。中古市場に流れた場合、まず大半のお客さんはノーマル状態の車両を好みます。査定額についてシビアに考えるならば、事前に純正部品にすべて戻しておくことをお勧めします。

 

また中国をはじめとした外国製のパーツ類の中には精度の悪いパーツも多々みられます。たしかに購入金額が安いのは魅力ですが査定時にはデメリットばかりで何一つメリットはありません。

 

査定士やメカニックとしても、買取後にそのまま販売することができないために大きく減額されます。是が非でも精度の悪いカスタムパーツは純正部品に交換しておきましょう。

スカイウェイブ250/タイプS/タイプM/SS の車両情報と特徴

スカイウェイブ250

1998年の登場以来、ビッグスクーターブームを支えてきたスズキの代表的な車両ともいえるスカイウェイブ・シリーズ。

 

400tでも人気の一台ですが、他メーカーに比べても各部に高級感がみられる…という理由でヤマハのマジェスティやホンダのフォルツァから買い替える方が多いと感じています。

 

しかし新車価格となれば65〜70万オーバーというモデルもあります。10代や20代前半の若者には少々乗り出し価格が高すぎるという部分は否めません。

 

そんな理由のためか、そこそこの状態でそこそこの価格帯というスカイウェイブが中古市場ではもっとも人気があるようです。つまり売却先さえ間違わない限り、スカイウェイブ・シリーズの場合、十分な査定額は期待できます。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン