TW200/225高額買取

TW200/225高額買取のポイントとおすすめの売却先

TW200

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、TW200/225を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、TW200/225の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはTW200/225をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くTW200/225の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

TW200/225売却時に注意したいポイント

査定時のポイント

これまでバイク業界には数々のブームが到来しましたが、中でも1990年代のストリートカスタム・ブームはバイク業界にとって大きなものでした。

 

そのブームを起こした張本人といえるバイクがTW200/225ですね。当時、わざわざTW200/225を購入してカスタムしたい…という理由だけで中型免許(普通二輪免許)を取得する若者も続出しました。

 

そこで今回はTW200/225売却時のポイントを説明しておきます。

 

まずTW200/225の歴史を考えてみると、細かいカラー変更等はのぞいて大きなモデルチェンジといえば、丸目でスモールウインカーとなったモデルチェンジ、さらに排気量が200→223にボアアップされたモデルチェンジの2回になります。

 

たしかに一般的な車種同様、高年式のタマの方が僅かながらに高く査定されるでしょうが、はっきり言ってTW200/225の場合、当時に売れた台数も桁違いですし、バイクの状態も無茶苦茶なタマが多いので普通の常識で考えない方がいいかと思います。

 

というか厳しい言い方になってしまいますが、低年式で中途半端なカスタム済み車体の場合、残念ながら査定額など大した期待できません。

 

状況によっては0円というケースも普通にでてくるので知人に譲るとかネットオークション等の利用も視野にいれておくといいでしょう。

 

逆に年式問わず、ドノーマル状態で綺麗にのられてきたTW200/225、さらにガレージや室内保管で傷んでいない車体はそこそこ査定額が期待できます。

 

とはいえ売却先によって思いっきり差がでてくるので、少しでも高く売る場合、複数店舗での査定は必須といえます。

TW200/225買取の査定時にチェックされる部分とは?

誤解を恐れずにいわせてもらえば、中古市場で流通するTW200/225を含め、現存するTW200/225の大半がまともな状態ではありません。

 

とくに2000年前後までの車体に関しては劣悪なカスタムパーツてんこ盛りで、正直、買取側としても売却後にトラブルが頻発することが予想できますので恐ろしくてまともな値段で買取したくない…というの本音の部分です。

 

したがって2000年前後のTW200でユーザーさんレベルの中途半端なカスタム内容という車体の場合、はっきり言うと二束三文という状況が一般的だと思います。

 

とくに中古バイク販売店で持込査定だと非常に厳しい金額になるのは覚悟してください。店舗としても身元不明のカスタムパーツ満載のTW200を売る場合、現状渡し・現状販売になってきます。

 

とてもまともにアフターサービスなど対応したくないのが正直なところです。よって査定額も最低ラインしか提示されないことは想像できます。

TW200/225買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

TW200/225カスタム

前述した内容とカブってきますが、TW200/225売却でネックとなるのがカスタム内容と消耗部品を含めた車両の状態です。

 

排気系のカスタム程度なら原状回復して売却というケースも考えられますが、バッテリーレスでロンスイ仕様、おまけにメーターも社外に交換されている場合、手間暇かけてノーマル状態に戻す店舗などありません。

 

残念ですが安い査定額でも引き取ってもらえてラッキーとポジティブに考えた方がいいかもしれません。

 

またストリートカスタム系のTW200/225の場合、十中八九まともにメンテナンスや部品交換がなされていません。そもそもバイク好きというユーザーさんよりもブームに乗っかって購入したユーザーさんが大半なので仕方ない部分です。

 

査定士やメカニックもTW200/225の査定となると、100%そういった先入観で査定に臨んできます。もしコマメにメンテナンスされていたTW200/225を売却する場合はその辺りを強くアピールしておけばいくらか高額査定になる可能性もあるでしょう。

 

もちろんカスタムパーツはできる限り純正部品に戻してノーマル状態に近づけて査定に臨んでください。余裕があればネットオークション等で取り外したパーツを売却してもよいですし、面倒なら査定時に同時に買取可能な店舗もあります。

 

また低年式のTW200/225ともなれば15〜20年という期間が経過しています。

 

仮にエンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター、タイヤ、ブレーキパッド等をコマメに交換していても各部のパッキンやブッシュ類は寿命を超えています。とくにゴム部や樹脂部は劣化してヒビ割れや硬化しています。

 

査定時にその辺りを突っ込んで減額してくる査定士やメカニックもいますので費用のかからない部分だけでも対処しておくといいかと思います。

TW200/225の車両情報と特徴

TW200

当サイトのユーザーさんにとっては説明不要かと思いますが、1990年代中期に盛り上がりをみせたストリート系カスタムバイクのブームは凄いものでした。

 

残念ながら休刊や廃刊にはなりましたが、数々のストリートカスタムのバイク雑誌が発刊されました。ここ数十年を考えてもバイク業界にとってもっとも売れた時期なのは間違いありません。

 

そんなストリートカスタムのブームの中心となった車両がTW200/225でした。

 

そもそもカスタムベースを想定した車両ではなかったTW200/225ですが、都内の有名カスタムショップがストリート仕様に弄りまくった結果、話題が話題を呼んで全国的なブームにまで拡散された車両といえます。

 

当時、10代後半や20代前半だった方々にはテーィーダブと呼ばれ、街中がTW200/225で溢れていました。相当な台数が販売されたのは言うまでもありませんね。

 

ただブームや流行というのは怖いもので、一度ブームが去ると瞬く間にTW200/225離れが進みました。むしろ時代遅れのバイクは恥ずかしい…という風潮さえ感じられました。

 

残念ながら大半がむちゃくちゃなカスタムがなされたため、程度の良いノーマル車体が少ないことも事実で、逆に程度のよいノーマル車両を売却される場合は査定額もそれなりに期待できるはずです。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン