TMAX(530・ABS)高額買取

TMAX(530・ABS)高額買取のポイントとおすすめの売却先

TMAX(530・ABS)

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、ヤマハTMAXを売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、TMAXの買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはTMAXをもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くTMAXの査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

TMAX(530・ABS)売却時に注意したいポイント

TMAX(530・ABS)

TMAXは中古市場でも人気の車種、状態の良いタマは早々に買い手が見つかるので査定額も期待できます。

 

そんなTMAXオーナーさんにとって最初に確認すべきは、どのモデルなのか…という部分です。

 

TMAXの歴史を考えてみると、鮮烈なデビューを飾ったキャブレター仕様のSJ02J、排ガス規制対応でフューエルインジェクションを採用したSJ04J、さらに高速域での足回りの弱さを改善したSJ08J、さらに530にボアアップされたSJ12Jと、大きくわけても4つのモデルが存在します。

 

モデルによって査定額や買取相場はけっこう違ってきます。まずTMAXを売却する上で、最初に自分の型式をしっかりと把握しておいて下さい。

 

とくにキャブレター仕様のSJ02Jに関してはエンジントラブルや各部の不具合が多かったのも事実…基本的に他の3モデルより買取金額もディスカウントされることは覚悟しておいて下さい。

 

またTMAX(530・ABS)あたりを購入されるユーザーさんの場合、Gマジェやスカイウェイブ系列と違って基本的にバイクの知識やメンテナンス技術も豊富な方が大半かと思います。

 

乗ったら乗りっぱなしではなく、基本的な消耗部品や交換部品に関してはコマメに点検されているとは思いますが、査定前に念のためもう一度再点検してみることをお勧めします。

 

とくに見落としがちなのが樹脂部分やゴム部分の劣化です。1万、2万と走行したTMAXになるとオイル類だけでなく樹脂部分やゴム部分の劣化も進んでいるはずです。

 

Vベルト、ブレーキフルードブレーキホース、クラッチホース、クーラント、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイル等も査定前に確認しておきたいところです。

TMAX(530・ABS)買取の査定時にチェックされる部分とは?

査定の疑問

上記でも軽く触れましたが、排ガス規制前の低年式モデルSJ02Jでは故障や不具合が頻発した…という経緯があります。

 

発売直後に購入された車両の場合、これまで大きな故障が無かったとしても弱点といえるカムチェーンテンショナー周辺に爆弾を抱えている可能性は否めません。

 

当然ながら査定士やメカニックもその辺りは警戒して査定に臨んでくるはずです。売却先によっては微細な異音等を理由にエンジン不良という方向で大きく減額してくることも想定しておきましょう。

 

一方、SJ04J以降のフューエルインジェクション採用モデルに関しては故障や不具合も激減しています。よってエンジン関係で大きな減額につながる可能性は低いと思います。

 

査定時に一発始動して大きな異音なく、普通に吹け上がっている限りさほどチェックはされないはずです。逆にエンジンが頑丈なTMAXの場合、走行距離が多い車体では足回りや外装部品のヘタリや劣化が目立つかと思います。

 

TMAXにかぎった話でありませんが、ビッグスクーターをはじめとしたカウル類で覆われたスクーター関係はエンジン内部や足回り関係のチェックが甘くなるかわりに外装部品のチェックが厳しくなる傾向があります。

 

ぜひ査定に申込む前に普段は気にしない下回りやリアサス周辺なんかも点検しておきましょう。

TMAX(530・ABS)買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

TMAXカスタム

基本、中古市場でも人気のTMAXの場合、どの型式でも予想通りの査定額は期待できるかと思います。

 

もし大幅に予想より安く査定されるとすれば、過去に大きな事故歴、転倒歴のある場合、または万人受けしないカスタムパーツが満載という場合ではないでしょうか。

 

ヤマハの公式サイトをみての通り、TMAXはビッグスクーターのカテゴリーでなくスポーツバイクのカテゴリーに含まれています。つまりスクーター形状のスポーツバイクという意味ですね。

 

それだけに、乗り手しだいでは峠や高速でミッションバイクをかもる事も十分に可能です。そんなTMAXだけに大きな転倒歴や事故歴のあるオーナーさんもいるかと思います。

 

とりあえずカウル類を交換して綺麗な状態でもフレーム関係や各部に事故歴や転倒歴の痕跡は必ず残ります。フレームの微妙な歪みや曲がり、ミラー取付部やカウル類の取付ブラケットが僅かに曲がっていたりするものです。

 

とくに中古バイクとして購入された車両の場合、自分が購入する前に事故歴や転倒歴があった可能性もあります。購入前については仕方ありませんが、自分の知っている事故歴や転倒歴は査定時に必ず申告してください。

 

また中古市場では、やっぱりドノーマル状態の車体の方が買い手が見つかりやすいのは事実です。有名ブランドのチタンサイレンサーやカーボン製フェンダー等の中にはプラス査定というケースもありますが、基本的にカスタムパーツは評価が下がります。

 

もし純正部品を保管している場合は査定前に純正部品に戻しておくことをお勧めしておきます。

TMAX(530・ABS)の車両情報と特徴

TMAX

空前のビッグスクーター・ブームの後半に、ビッグスクーターとは一線を画す、スポーツバイク的な路線で登場したスクーターがヤマハのTMAX(530・ABS)でした。

 

発売前にTMAXの情報が発表された途端、バイク業界はこぞってTMAXを特集し、当時のバイク雑誌の表紙はTMAX一色でした。

 

それまで根っからのバイク乗りには支持されていなかったビッグスクーターというジャンルでしたが、TMAXによって本当のバイク好きのユーザーさんにもビッグスクーターが浸透しました。

 

マジェスティやスカイウェイブのオーナーさんとは違い、走行性能や運動性能をもとめるオーナーさんにとって待ち望んでいたビッグスクーターがTMAXだったのです。

 

ですが一方で新車価格がそれなりに高額なため、購入を踏みとどまる方が多かったのも事実。そんな経緯もあって中古市場でのTMAX(530・ABS)は慢性的にタマが不足しています。

 

ぜひとも今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン