レッツ4高額買取

レッツ4高額買取のポイントとおすすめの売却先

レッツ4

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、レッツ4を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、レッツ4の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはレッツ4をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くレッツ4の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

レッツ4売却時に注意したいポイント

レッツ4

ずレッツ4にはパレット・バスケット・Gと様々な派生モデルが存在しますが、基本的に10年以上が経過した原付スクーターになってきます。さほど高額に査定されることを期待しない方が良いかと思います。

 

そもそもこの年代の原付スクーターの大半は売却しようにも査定額が0円、または反対に処分料を請求されるケースも普通にはずです。そういった部分を考えればレッツ4なら幾らかの金額で査定してもらえるのでラッキーな方だとは思いますが。

 

ちなみにこれがレッツやレッツ2となると査定額も厳しい状態になってきますが、インジェクションタイプのレッツ4の場合、故障も少なく燃費も期待できるので中古市場でも買い手がみつかりやすい…ということなのでしょう。

 

そんなレッツ4の場合、売却時のポイントは単純に消耗部品の状態、そして外装のカウル類が綺麗な状態か…という2点かと思います。

 

基本的に店頭価格も低めの中古のレッツ4、買取側としては最低限の消耗部品だけ交換して手っ取り早く売却したい…というのが本音です。つまり買取後にタイヤやブレーキパッド、フィルター類やオイル類と交換部品が多ければ利益がのぞめません。

 

できればしっかりと定期的なメンテナンスをなされていた車両を買取したいものです。

 

また中古市場でレッツ4を購入するユーザーさんは、なるべく安くそれなりの見た目の原付スクーターを…という方が大半です。そんな場合、判断基準として第一印象を左右する外装のカウル類が重要になってきます。

 

裏を返せば外装に割れや欠け、劣化が目立つレッツ4の場合、査定額は期待できない…と覚悟しておきましょう。

レッツ4買取の査定時にチェックされる部分とは?

スズキのミッションバイクでは電装系に弱点がみられるケースが多いものですが、レッツ4をはじめ原付スクーターの場合、とくに電装系の弱さは感じられません。

 

キャブレターの詰まりやスロットルバルブの不具合で急に吹け上がりが悪くなる…というパターンくらいでしょうか。とはいえレッツ4の場合はインジェクションなのでさほど心配は要りません。

 

レッツやレッツ2にくらべて故障も少なく、査定時に一発始動して異音なく吹け上がれば執拗にチェックされる部分は無いかとおもいます。

 

前述のとおり、タイヤやオイル類、フィルター関係の状態は確実にチェックされます。もし余裕があれば一度点検しておきたいところですね。

 

また1万、2万と走行した車両だったら、Vベルト、ブレーキフルードブレーキホース、クラッチホース、クーラント、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイル等も査定前に確認しておきたいところですが、レッツ4の場合、程度が極上でも査定額はそれなりしかアップしません。

 

わざわざ部品交換までの必要は無いかもしれません。

レッツ4買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

レッツ4

レッツ4に限った話ではありませんが、カウル類で覆われたスクーターの場合、エンジン内部や足回り関係のチェックが甘くなるかわりに外装部品のチェックが厳しくなる傾向があります。

 

ミッションバイクよりも一つ一つのカウルが大きく、純正部品も高額なケースも多いので、外装部品の割れや欠け、紫外線や風雨による劣化は大幅な減額につながりやすいといえます。

 

外装部品の状態が悪い車両は店頭でも買い手がみつかりにくい…というのが実情です。かといってカウル類一式を交換すれば店舗としては利益など出せません。

 

そういった部分から、エンジンや足回り関係よりも外装部品の状態が良い車両ほど査定額が高くなってしまうのです。逆に外装部品さえ綺麗に保管していればエンジンが焼き付いていない限り、最低限の査定額は期待できます。

レッツ4の車両情報と特徴

レッツ4売却先

セピアやアドレスといった過去のヒット車種と違い、徹底的にコスパにこだわって販売された原付スクーターといえばスズキのレッツ・シリーズでした。

 

当初から人気車種として販売実績を伸ばしたレッツですが、中でもインジェクション採用のレッツ4はレッツ・シリーズの中でもヒット作だといわれています。

 

新車価格が10万円以下ということもレッツ4の強力なセールスポイントでした。その結果、免許取得したての10代の若者達から絶大な支持を集めることに成功しました。

 

現行生産されているため現在でも新車購入も可能ですが、乗り出し価格をおさえたいユーザーさんには中古のレッツ4の方が人気が高いようで中古市場でもタマ数が不足しています。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、レッツ4を少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン