ZRX1200高額買取

ZRX1200高額買取のポイントとおすすめの売却先

zrx

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、ZRX1200を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

数ある買取店舗や販売店の中には、ZRX1200の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。最大のポイントはZRX1200をもっとも欲しがっている店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただ高値で売却するためには比較する査定額が必要になってきます。

 

もし手っ取り早く査定額を比較するなら、安定してどんな車種でも高値になりやすい以下の店舗をチェックして査定額を比較しておくのがいいかと思います。

 

おすすめの買取店舗ボタン

ZRX1200売却時に注意したいポイント!

zrxカスタム

カワサキのリッタークラスでも評判のよかったZRX1100を、さらに扱いやすく改良されたバイクがZRX1200といわれています。

 

そのせいかZRX1100に比べても大きな故障やトラブルの噂も少なく、まれに電装系のトラブル等も聞きますが大半は配線の断裂やカプラー外れや小さなトラブルで致命的な問題には至らないものばかりです。

 

故障の多いカワサキ…というイメージを持つ方が多いかと思いますが、残念ながら良い意味で期待を裏切るバイクがZRX1200だといえます。

 

生産期間は2001年〜排ガス規制の2008年という僅か8年間でしたが、そういった評判から中古市場でも人気の車両だといわれていますね。

 

そんなZRX1200を売却する場合、ポイントはカスタム状態、そして消耗部品の状態あたりではないでしょうか。

 

ZRX1200の場合、たいていのオーナーさんは排気系をはじめ何らかのカスタムパーツに交換されているかと思います。もちろんカスタムパーツのままでも普通に買取可能です。

 

ただ査定額についてシビアに考えるならば、事前に純正部品にすべて戻しておくことをお勧めします。

 

一部の有名人気ブランドのカスタムパーツをのぞき、大半のカスタムパーツに関しては純正部品より確実に低く評価されます。

 

いくら購入時に高額なカスタムパーツだとしても、次に購入されるユーザーさんの好みに合っていなければ買い手がみつかりません。そういった部分を考えても好みに左右されない純正部品の評価が高いということを覚えておきましょう。

 

また最終年度のZRX1200だとしても約10年が経過しています。

 

10年間も経過すればフレーム周りにも小さな錆が出始める上に、ゴム素材のブッシュやパッキン、樹脂部であるハーフカウルやシートカウルも劣化が進んでいる頃です。

 

こういった一つ一つのパーツ単体は安い部品でも、積もり積もれば大きな査定額の減額につながってきます。少しでも高く売却したい場合は事前に良心的な価格のショップで交換しておくことをお勧めします。

ZRX1200売却の査定時にチェックされる部分とは?

zrx査定のポイント

上記でも軽く説明しましたが、基本的にZRX1200R(ZRX1200S)の搭載している4ストローク水冷DOHC4バルブ並列4気筒は熟成されているためか、大きなエンジントラブルが少ないことは有名です。

 

よって査定士やメカニックも執拗にエンジン音や吹け上がりをチェックすることも少ないかと思います。ただ査定時に一発始動できないどころか、なかなか始動できない場合はマイナスになってきます。

 

査定前に始動性を確認した上で、吹け上がりにムラがないか?アクセルのつきは良いか?カムチェーン周辺に異音はないか?といった部分くらいはチェックしておきましょう。

 

あとは買取側として気になるのは事故歴や転倒歴になってきます。

 

軽い事故や転倒でも本人が思った以上にダメージが生じているケースもあります。

 

転倒後や事故後に破損したパーツを交換済みだとしても、フレームの微妙な歪みや曲がり、ステップ取付部やカウル類の取付ブラケットが僅かに曲がっていたりするものです。

 

中でもメインフレームの曲がりや歪み、破損やフロントガラス曲がりや歪みは減額の中でも大きなものになってきます。注意しておきましょう。

ZRX1200売却で相場以下に安く査定されるケースとは?

バイク売却の査定時に、査定士やメカニックがもっとも注意する部分の一つが、事故歴や転倒歴の有無になってきます。

 

軽い事故や転倒でも本人が思った以上にダメージが生じているケースもあります。

 

転倒後や事故後に破損したパーツを交換済みだとしても、フレームの微妙な歪みや曲がり、ステップ取付部やカウル類の取付ブラケットが僅かに曲がっていたりするものです。

 

とくに中古で購入されたZRX1200の場合、自分が購入する前に事故歴や転倒歴があった可能性もあります。購入前については仕方ありませんが、自分の知っている事故歴や転倒歴は査定時に必ず申告してください。

 

またの特徴として、中古市場でも販売価格にバラつきが目立ちます。

 

こういった中古相場の価格帯が幅広い車種の場合、同様に買取時の査定額も売却先によって大きな差が生じやすいものです。

 

5万、10万と査定額が変わってくる可能性の高い車種の場合、査定額のバラつきを考慮した上で、最低でも2つ3つの売却先で査定して様子をみてから判断した方が賢明だといえます。

ZRX1200の車両情報と特徴

zrx1200

カワサキのリッタークラスの中でも、ある意味、完成形に近い車種といえばZRX1200を挙げる人が多いのではないでしょうか?

 

一般的に他メーカーよりも故障やトラブルの頻発するカワサキ車ですが、ZRX1200の場合、ベースとなるZRX1100がすでに完成形に近い状態だったために、さらに熟成された車体に仕上がったということなのでしょう。

 

ZRX1100にくらべてもフレーム形状やスイングアームに改良を加え、剛性アップを図りハンドリング性能も向上されています。

 

この手の短期間で生産終了をむかえたカワサキ車の場合、中古市場でも安定して高値で取引されています。しっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン