スカイウェイブ250(S/SS)高額買取

スカイウェイブ250(S/SS)高額買取のポイントとおすすめの売却先

スカイウェイブ250

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、スカイウェイブ250を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、スカイウェイブ250の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはスカイウェイブ250をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くスカイウェイブ250の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

スカイウェイブ250(S/SS)売却時に注意したいポイント

転倒歴

これはスカイウェイブ250売却にかぎった話ではありませんが、誤解を恐れずにいわせてもらえばビッグスクーター・ブームにのって登場した車両の多くは状態が非常に悪く査定もつかないケースもままあります。

 

もちろん年式やモデル、さらにノーマル状態かカスタム車両かによっても大きく違いますが、最悪のパターンは0円に限りなく近いケースも想定してください。

 

査定額を比較するためにも複数店舗の売却先で査定を受けるのはもちろんですが、念のためネットオークションでの売却や個人売買といった選択肢も視野にいれおいた方がいいかと思います。

 

ではスカイウェイブ250(S/SS)売却時のポイントをいくつかまとめておきます。

 

まず年式によってかなり査定額の違いが出やすい車種ということを理解しておいて下さい。

 

基本的に1998年から2002年のスカイウェイブの場合、ビッグスクーター・ブームと時期的にも重なっていることもあって状態の悪いタマや劣悪な保管状況だったタマが大半です。年式から考えても各部の消耗や摩耗、劣化が相当に進んでいることが予想できます。

 

残念ながら買取側からすれば、わざわざ買取して利益も少ないのに故障やトラブルのリスクを負いたくない…というのが本音の部分です。大手の買取店舗でもさほどの査定額は期待しない方がいいかと思います。

 

一方、2002年以降のいわゆるCJ43A型以降だと査定額はそれなりに期待できるかと思います。

 

クラス初のインジェクション採用モデルとして登場したCJ43A型は外観上の特徴としてはこれまでの6本スポークから5本スポークのホイールに変更となりました。

 

これ以前のモデルにくらべ、ビッグスクーター・ブームが落ち着いたこともあってか派手にカスタムされた車両もずいぶんと減ってきました。そのせいか中古車体価格も安定してそこそこの値段をキープしています。売却先しだいでは査定額も十分な数字が期待できると思います。

 

その後も幾度となくマイナーチェンジを繰り返しているスカイウェイブ250ですが、
正直、派生モデルや限定モデルも存在するため、査定時には年式以上に車体の劣化や消耗部品の状態、保管状況といった部分が重視されるかと思います。

スカイウェイブ250(S/SS)買取の査定時にチェックされる部分とは?

メンテナンス

とくに大きなエンジントラブルや致命的な故障の事例の多くないスカイウェイブ250の場合、査定の中心は外装関係の傷や割れ、劣化といった部分が大きなウエイトを占めるはずです。

 

そもそもビッグスクーターをはじめとしたカウル類で覆われたスクーターの場合、エンジン内部や足回り関係のチェックが甘くなるかわりに外装部品のチェックが厳しくなる傾向があります。

 

ミッションバイクよりも一つ一つのカウルが大きく、純正部品も高額なケースも多いので、外装部品の割れや欠け、紫外線や風雨による劣化は大幅な減額につながりやすいといえます。

 

保管状態が良好でなかったオーナーさんは少しでも綺麗に洗車して艶出し材等のケミカルで外観上の印象を上げることも考えておくとよいかと思います。

 

また厳しい話をさせてもらえば、ビッグスクーターの購入層の多くは、バイクメンテナンスについての知識の乏しい方が多く、実際に乗りっぱなしの状態で放置されている車両も多いといえます。

 

そんなビッグスクーターの売却の場合、最低限、エンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター、タイヤ等がきちんと交換されているか…という部分が査定額を大きく左右します。

 

1万、2万と走行したスカイウェイブ250の場合、Vベルト、ブレーキフルードブレーキホース、クラッチホース、クーラント、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイル等も査定前に確認しておきたいところです。

スカイウェイブ250(S/SS)買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

カスタムパーツ

前述のとおり、カウル類で覆われたビッグスクーターの場合、外装パーツの状態や各部の消耗部品の状態が査定額を大きく左右しますが、それ以上に影響する部分といえばカスタムパーツの有無になります。

 

今でこそノーマル状態で綺麗に乗られているスカイウェイブ250が増えてきましたが、低年式の車体の多くはたいていの場合は何らかのカスタムがなされています。

 

もちろんカスタムパーツのままでも買取可能です。

 

ただ査定額についてシビアに考えるならば、事前に純正部品にすべて戻しておくことをお勧めします。

 

基本的に一部の人気ブランドのカスタムパーツをのぞき、大半のカスタムパーツに関しては純正部品より確実に低く評価されます。

 

いくら購入時に高額なカスタムパーツだとしても、次に購入されるユーザーさんの好みに合っていなければ買い手がみつかりません。そういった部分を考えても好みに左右されない純正部品の評価が高いのです。

 

また中国をはじめとした外国製のパーツ類の中には精度の悪いパーツも多々みられます。たしかに購入金額が安いのは魅力ですが査定時にはデメリットばかりで何一つメリットはありません。

 

査定士やメカニックとしても、買取後にそのまま販売することができないために大きく減額されます。

 

純正部品を保管している場合は査定前に純正部品に交換しておいた方が査定額は高くなることは覚えておいて下さい。

スカイウェイブ250(S/SS)の車両情報と特徴

スカイウェイブ250

バイク業界の歴史からみても空前の盛り上がりを見せた1990年代後半のビッグスクーター・ブーム。

 

そんなビッグスクーター・ブームの初期はヤマハのマジェスティの一人勝ち状態が続いていましたが、そんなマジェスティの勢いを止める存在となった車両がスカイウェイブ250でした。

 

SOHCながら4バルブの水冷シングルエンジンは、250tの車格としては大柄なスカイウェイブにとっても十分な機動性でした。

 

残念ながらカスタムベースとしてはマジェスティを超えることはありませんでしたが、単純にノーマル状態での乗り心地や各部の作りこみはスカブを支持する方も多かったものです。

 

また、遅れて登場したホンダのフォルツァがエンジン以外の面で作りがチープだ…という酷評を受けていましたが、その比較対象となる車種として挙げられるがのこのスカイウェイブでした。

おすすめの買取店舗ボタン