グロム/MSX125高額買取

グロム/MSX125高額買取のポイントとおすすめの売却先

グロム/MSX125

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、グロムを売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、グロムの買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはグロムをもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くグロムの査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

グロム/MSX125売却時に注意したいポイント

リコール確認

2013年に発売されたグロムの場合、大きなモデルチェンジも無ければ、発売からそう年数が経過していないこともあり、査定時にこれといって大きく減額されるケースは少ないとは思います。

 

そもそもカブ・シリーズをベースに4速マニュアル化したのがグロムのエンジンです。

 

タイ生産ということで多少の作りの甘さは否めませんが致命的なトラブルはそう多くないはずです。

 

ただ唯一グロムで少し気になる部分といえば燃料ポンプ系のトラブルになります。

 

個体差もありますが、燃料ポンプに何らかの不具合が生じて突然のエンジントラブルという事例が頻発したこともグロムユーザーさんの中では有名な話です。

 

他にもエンジンオイルに乳化がみられる・・・といった事例も報告されています。

 

ホンダがどういった対処をとったのか定かではありませんが、売却時の査定で変に突っ込まれて減額されるケースも想定した事前にメーカーに確認しておくことをお勧めします。

 

運良くか運悪くかわかりませんが(笑)、愛車がリコール対象となっている場合、改善部品に無償で交換してくれます。

 

もちろんリコール対象の改善ステッカーもいただけるので査定時に多少のアピールポイントにもなるはずです。

グロム/MSX125買取の査定時にチェックされる部分とは?

転倒歴

グロム/MSX125だけの話ではありませんが、この手のファンバイクやレジャーバイクの場合、ふざけて倒しこみ過ぎてこかしたり、悪路でふざけてこかすケースも多いかと思います。

 

もちろん立ちごけ程度なら大した減額になりませんが、修理を要する事故歴や転倒歴の場合、いくらパーツ交換したところで車体に何らかの痕跡は残るものです。

 

査定士やメカニックの方は確実に事故歴や転倒歴を見破ってしまうので、自分の記憶している事故歴や転倒歴は必ず査定時に深刻して下さい。

 

中には査定額に影響がでるかと思い、敢えて申告しない方も稀にいるようですが、仮に査定中に発覚した場合、査定士さんとの人間関係がギクシャクして査定額に影響が出かねません。

 

オーナーさんの思うほど減額されないケースも多いので必ず先に深刻してください。

グロム/MSX125買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

グロム/MSX125

グロム/MSX125が相場以下で査定されるケースとして、もっとも可能性が高いのがカスタムパーツを多用した車体になります。

 

グロムの場合、たいていのオーナーさんは排気系をはじめとした何らかのカスタムパーツに交換されているかと思います。

 

もちろんグロム購入者もカスタムベースという方も多いです。よってカスタムパーツのままでも十分に買取可能です。

 

ただ査定額についてシビアに考えるならば、事前に純正部品にすべて戻しておいてぅださい。

 

一部の有名人気ブランドのカスタムパーツをのぞき、大半のカスタムパーツに関しては純正部品より確実に低く評価されます。

 

いくら購入時に高額なカスタムパーツだとしても、次に購入されるユーザーさんの好みに合っていなければ買い手がみつかりません。

 

そういった部分を考えても好みに左右されない純正部品の評価が高いのです。純正部品を保管している方は戻しておく方が無難だといえます。

 

また地味な査定額の減額ポイントとしてタイヤの耐用年数を超えているパターンも見逃せません。

 

中には8〜9割程度の溝が残っているので十分に使えるのでは…と考えるオーナーさんもいるようですが、タイヤを交換すべきかどうかは摩耗具合だけでなく、耐用年数も関係してきます。

 

一般的たロードタイヤの場合、メーカー推奨の耐用年数は3〜4年がいいところではないでしょうか。つまりタイヤに刻印された製造年月日から4年を超えたタイヤの場合、どんなに溝が残っていても要交換となって減額される可能性があるわけです。

 

査定士やメカニックの中には、なんとか減額できる部分を見つけ出そうと躍起になっているスタッフもいます。変に突っ込まれないためにも事前に確認しておきましょう。

グロム/MSX125の車両情報と特徴

グロム/MSX125

過去にモンキーやゴリラ、エイプといったファンバイク(レジャーバイク)を輩出してきたホンダから新しく2013年に登場したファンバイクがグロム/MSX125でした。

 

同社のWAVE125からの流用された扱いやすい空冷4ストロークOHC125cc単気筒エンジンに4速マニュアルミッションという設定。そして往年のカワサキKS1やKS2を彷彿させるスタイリング。

 

ファンバイクとして売れる要素がすべて詰まった車両ということで、発売前から話題を集めて一足早く発売されたタイはもちろん日本国内でも人気の一台となりました。

 

またカスタムベース車として、バイク弄りにぴったりの一台だともいわれています。草レースでもグロム/MSX125をベースにしたクラスも増てきたこともあり、非常に「盛り上がりをみせています。

 

もちろん中古車両も慢性的にタマが不足しているようです。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン