DR-Z400S/SM高額買取

DR-Z400S

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、DR-Z400を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、DR-Z400の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはDR-Z400をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くDR-Z400の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

DR-Z400S/SM売却時に注意したいポイント

バイク整備

ではスズキのエンデューロ史上でも大ヒット車種といえるDR-Z400S/SM売却時のポイントや注意点をいくつかに絞ってお伝えしておきます。

 

まず発売当時の話題性の高さ、街中で頻繁にみかける車両ということで、ロングセラー車種だと勘違いしている方もいますが、生産期間は2001年〜2008年のわずか8年間です。

 

したがって途中に大きなモデルチェンジもなく、派生モデルとしてスーパーモタード仕様のDR-Z400SMが発売されたくらいで最終型まで大きな変化はみられません。

 

残念ながらインジェクション採用によって継続生産という選択肢を選ばずに排ガス規制強化によって生産終了に追い込まれた一台といえます。

 

そんなDR-Z400S/SMの場合、査定時のポイントといえば型式や年式以上に消耗部品の状態や保管状態の良し悪しになってくるでしょう。

 

たいていのDR-Z400オーナーさんであれば、日常的にエンジンオイルやタイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルター等まではメンテナンスしているかと思います。

 

ですが売却先の査定士やメカニックの多くは、ドライブスプロケット、チェーン、クーラント、ライトバルブ、ブレーキフルード、ブレーキホース、クラッチホースといった部分までしっかりと消耗具合をチェックしてきます。

 

オイル類やホース類と一つ一つのパーツ単体は安い部品でも、積もり積もれば大きな査定額の減額につながってきます。

 

少しでも高く売却したい場合は、事前にセルフメンテナンスか良心的な価格のショップで交換しておくことをお勧めします。

 

DR-Z400S/SM買取の査定時にチェックされる部分とは?

これといった弱点や故障しやすい部分の少ないDR-Z400Sの場合、年式の割には厳しいチェックも少ないかと思います。

 

エンジンの始動性や吹け上がり、アクセルのツキや排気ガスの色、ニオイ、オイルの飛び散り…といった一般的な車両の査定と何ら変わらないはずです。

 

ただ使用目的が主に悪路ということで、稀にフォークやリアサスが完璧にヘタっているタマもあるので軽く跨って体重をかけて前後サスの動きは慎重にみられる場合もあるでしょう。

 

またDR-Z400S/SMに限らず2000年前後のスズキ車の多くは電装系の弱い車種も多かったことも事実です。DR-Z400Sではそのような事例を聞いたこともありませんが、単純にスズキ車ということで計器類をはじめ電装系の動きを執拗にチェックされることもあるかと思います。

 

基本的に査定時に正常に動いていえば大きな減額はありませんが運悪く査定時に動作不良に陥るパターンも多いものです。念のため電装系を含めた計器類、保安部品関係も点検しておくことをお勧めします。

DR-Z400S/SM買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

バイク査定

それなりの状態であれば査定額が期待できるDR-Z400S/SMですが、中には容赦なく減額されて非常に安値に査定されるケースもあるので注意してください。

 

とくに市販レーサーに近いコンセプトのDR-Z400S/SMのような車両の場合、中には本格的なエンデューロ使用で酷使された車体、モタードの草レースで使用された車体もあるかと思います。

 

非常に厳しい言い方になってしまいますが、本格的なエンデューロやモタードレースで使用された車体の場合、査定額はがっつりと減額されることを覚悟しておいた方がいいかもしれません。

 

実際にはメンテナンス技術のある方がコマメにメンテナンスされていたとしても、エンデューロ使用やモタードレースで使用された車体の多くはエンジンの各部に大きな負担がかかっていつことも事実です。

 

買取側としては自社工場や提携工場でメンテナンスするわけですが、買取後に予想外のトラブルや故障をもっとも恐れます。残念ですが街乗りで使用されていた車両にくらべ、はるかにトラブルのリスクの高い車両は大幅に安く査定されます。

 

一方、相場以上で査定されるDR-Z400Sのパターンもあります。

 

2007年に限定モデルとして発売されたDR-Z400SMZ(グランブルー/ミスティック・シルバー)は中古市場全体をみてもタマが少なく探しているユーザーさんも少なくありません。限定らしくブルーアルマイトパーツを多様して明らかに豪華なイメージのため人気の1台です。

 

この限定モデルの場合、確実にスタンダードモデルより高額な査定額が期待できます。査定士やメカニックの中にはとぼけて普通の車体同様に査定を行う方もいるかもしれませんが、売却する場合は価値をしっかりと把握しているスタッフのいる店舗を選んで下さい。

 

確実に高値で売れることが店舗側も認識しています。多少強気で交渉した方が良い結果になるかと思います。

 

DR-Z400S/SMの車両情報と特徴

DR-Z400S

国内エンデューロ市場の中心が250tといわれる中、当時、ホンダのXR400Rの一人勝ちだった国産400エンデューロ市場に投入されたスズキのヒット車種がDR-Z400でした。

 

250クラスと変わらない車格に搭載されたスズキの水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒は、エンデューロコースや林道だけでなく街中でもレプリカやロードスポーツに匹敵するパフォーマンスを発揮しました。

 

当時、2スト250cc市場ではRMX250という車種で苦戦を強いられていたスズキとしては起死回生の一台でした。奇抜なイエローのカラーリングも含めて多くのエンデューロ・ユーザーさんに支持されました。

 

また発売当時、世界的なスーパーモタードのブームということもあり、純正でモタード仕様の足回りを装備したDR-Z400SMという派生モデルも登場。当時の草レースのモタード部門では非常に人気を集めた一台でした。

 

生産終了した今でも一定の人気が続いており中古市場でも状態の良いタマが不足しています。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

 

おすすめの買取店舗ボタン