ハーレー XL883高額買取

ハーレー XL883高額買取のポイントとおすすめの売却先

XL883

どうも、管理人の小池です。

 

今日は過去に20台近くのバイクを売却してきた小池の経験から、XL883を売却する時のポイントや注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず最初にお伝えしておきますが、数ある買取店舗や販売店の中には、XL883の買取に強い店舗もあれば弱い店舗もあります。

 

高額買取の最大のポイントはXL883をもっとも欲しがっている店舗、評価してくれる店舗を見つけることに他なりません。

 

もし過去に利用して信頼できる店舗があれば、まずはそちらに申し込んで無料査定を受けてみることをお勧めします。

 

ただし高値で売却するためには、どうしても比較する査定額が必要になります。

 

手っ取り早くXL883の査定額を比較したい場合、安定して高値になりやすい以下の店舗をチェックして愛車に合った店舗で無料査定しておいて下さい。

 

おすすめの買取店舗ボタン

ハーレー XL883売却時に注意したいポイント

査定前洗車

今回は、数あるハーレーの中でも入門モデルといった位置づけとされるXL883売却時のポイントをいくつかまとめてお伝えしておきます。

 

よくXL1200オーナーを引き合いに出して883はハーレーじゃない…といった意見も受けられますが、乗り手しだいでは十分な走行性能や運動性能も体感できる上にハーレー独自の鼓動については1200以上に感じることができ車種です。

 

もちろん中古市場でも人気が衰えないXL883は、むしろ売却時のことを考えたらXL1200以上のパフォーマンスだと思います。

 

 

では売却時のポイントをいくつかお伝えします。

 

どの時代の車体でもハーレーという看板を背負っている以上、それなりの査定額は期待できるますが、やはり中古でXL883を購入されるユーザーさんの目線で考えた場合、高年式の方が人気が高く確実に高額査定が約束されます。

 

さすがに1980年代中期のXL883となると、オイル漏れや電装系といった故障の頻度が高いことは否めません。

 

ハーレー乗りにとってオイル漏れや電装系のトラブルなど故障のうちに入らない…といった意見はさておき、ハーレー初心者にとって最初のハーレーが故障ばかりでは費用がかさむばかりでライディングを楽しむことなどできませんん。

 

また買取店舗や販売店舗としても販売後の故障やトラブルのリスクが高い以上、強気の査定額は提示できない…という裏情報があります。

 

その一方で高年式の車体…とくに1997年以降の車体となればそこそこ改良されて不具合も減ってきます。

 

中古市場でもハーレーに乗りたいものの、故障が心配…というXL883を迷っているユーザーさんにもお勧めできる車両ということで査定額もそれなりの数字が期待できるはずです。

ハーレー XL883買取の査定時にチェックされる部分とは?

査定前メンテナンス

壊れやすいXL883とはいえ、売却時に査定士やメカニックがチェックする部分に関しては国産のリッターバイクと何ら変わりませんのでご安心下さい。

 

そもそもハーレーの中でもXL883は壊れやすい一方、非常にメンテナンス性に優れている車両だともいえます。また構造がシンプルゆえにある程度のメンテナンス技術と工具さえあれば、大部分はオーナーさん本人でメンテナンス可能な車種というのが特徴のひとつだといわれています。

 

XL883にかぎった話ではありませんが、買取店舗や販売店も買取後に予想もしない故障や不具合が発生することを想定しています。ある程度の部品交換等も覚悟しているので、逆に拍子抜けするほど査定があっさりと終了することもあるでしょう。

 

そんなXL883の場合、しいて挙げるなら年式によるゴムパーツや樹脂パーツの劣化だったり、大きな減額対象としては事故歴や転倒歴を挙げることができます。

 

いかにも骨太そうなXL883ですが、転倒のパターンや事故でぶつかった角度によっては意外とモロイ部分もあるため、思いもよらぬ大きなダメージにつながるケースもあります。

 

外装のカウル類が無いXL883の場合、フルカウルタイプの国産リッタークラスより転倒時の出費は少ないように感じますがカウル類が無い分だけエンジンが露出しています。クランクケースカバーからヘッド周辺までダメージを受けやすく大きな出費につながります。

 

また一つ一つのパーツ単体の価格が国産の同クラスよりも何割か高額ということも忘れてはいけません。そうした状況から多少の傷や凹みは気にせず乗り続けるオーナーさんも多いようですが査定時には確実に減額対象となってきます。覚悟しておきましょう。

ハーレー XL883買取で相場以下に安く査定されるケースとは?

安い査定額

相場以下で査定される…という部分とは意味合いが少々違ってきますが、前述のとおりXL883に限っては年式が査定額に大きく影響してきます。

 

〜1997年→〜2007年→それ以降…といった流れで、やはり高年式のインジェクションモデルに近づくほど高額査定になりやすいのが一般的です。もちろん予算や加速感といった部分をふまえて敢えてインジェクションモデルを避けてキャブ車を選ぶXL883購入車も少なからずいます。

 

どちらにしても売却先によって査定額の差が開きやすいハーレー等の外国製バイクは2つとはいわず3つ4つの売却先で査定して金額を比較するのが必須かと思います。

 

またどうしても買取店舗や販売店で納得の査定額がゲットできないケースもままあります。

 

そういった場合、安易にネットオークションに出品される方もいますが、それなりの落札金額が想定されるハーレーの車両本体は売却後に故障のリスクが非常に高く、最悪の場合は落札者とトラブルに発展します。

 

とくネットオークションの場合、XL883の特性や注意点も知らずに勢いで入札してくる利用者も多く国産ならまだしもハーレーはリスクが高すぎます。その場合、試しにハーレー専門店に持ち込んで査定してみるのもひとつの方法だとは思います。

ハーレー XL883の車両情報と特徴

ハーレー XL883

日本人ライダーにとって、ひと昔前にくらべ価格面でも購入しやすい環境になったハーレーですが、そんな環境に大きく貢献した車両といえばハーレー XL883に他なりません。

 

ハーレーとしては軽量、コンパクトなXL883は、一般的な日本人男性でも十分に取り回すことが可能なサイズでもあり、以前より購入しやすい価格に落ち着いてきたことも急激に浸透した理由といえます。

 

国産のリッタークラスにもシャドウやバルカン、ドラッグスターという車種はラインナップしていますが、ハーレーを模してはいるものの、その無骨さや躍動感は実現できていない…というのが正直なところです。

 

もちろんスペックやデータ上は国産の同クラスに対抗できる車種とはいえませんが、それでも中古市場で安定して人気のある車両には違いありません。

 

ある意味、売却オーナーさんにとっては値崩れの少ない優秀な車両ともいえます。

 

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してくださいね!

おすすめの買取店舗ボタン