バイク査定高額

少しでも中古バイクを高く査定してもらいたい人が気をつけたいたった2つのポイント

愛車を売却するなら1円でも高く買取ってもらいたい!

 

というオーナーさんに向け、バイク売却に関す情報をまとめている当サイト。

 

一昨日のことですが「バイク査定 高額になる方法」といった検索フレーズで訪れた方がいたみたいです。

 

うーーん、バイク査定で高額にする方法ねぇ…。

 

おそらく近いうち愛車を売却するのでしょうね。出張査定か持込査定なのか分かりませんが、オーナーさんとしてはどうにかして査定額を高額に釣り上げたいわけです。

 

そこで今日はバイクの査定で高額になる方法について少し突っ込んでお話しておきます。

 

おすすめの買取店舗ボタン

バイクを高額で査定してもらう方法はとってもシンプル

どうも!古いモンキーとかゴリラを見かけると妙に興奮しちゃう年代の管理人です(笑)

 

えーっとですね、バイクを高額で査定してもらう方法といっても本当、パターンもいろいろあるわけです。

 

例えばバイクの状態をキレイに磨き上げて印象をあげることでも査定を高額になるでしょうし、査定当日の交渉で上手に話を進めることも高額で査定してもらう方法といえますもんね…。(参照 高額査定につながる査定交渉テクニックとは?

 

ホントに沢山ありすぎて、何ページあっても書ききれない(-_-;)

 

 

 

ただね、

 

高額に査定してもらうポイントは沢山あるんだけど、やっぱり高額査定に直結する部分というのはごく僅かなんですね。

 

 

 

高額査定になるケースその1 愛車に愛着があり大切に乗っている、メンテナンスが行き届いている

 

どんな出会いでもファースト・インプレッションで大切かと思います。

 

もちろんバイク買取においても同じなんですね。

 

ですからオーナーさんが「このバイクなんですが…」と運んできたバイクがキレイに磨き上げられた状態、それもエンジンの調子も絶好調なんて場合は、買取のモチベーションは一気にアップしちゃうわけです。

 

 

毎日のように誰かのバイクを査定しているスタッフからすればね、

 

このバイクが大切に乗られていたのかどうかなんて一目瞭然なんです。

 

かたや外観はキレイなんだけど、査定前に慌てて洗車してワックスで磨き上げたバイク、

 

それに比べ、本当に常日頃から愛着をもってメンテナンスされてきたバイクは各所がぜんっっぜん違うもんです。

 

;

 

もちろん俺の場合はそういった大切にメンテナンスされてきたオーナーさんのバイクは、社内の査定基準の限界スレスレまでの査定額で買取ってきたつもりです。

 

…というか同じバイク好きとして、そういったオーナーさんから安く買取るような事はしたくなかったもん。

 

 

 

それにね、

 

査定基準にはフレームやエンジン、外装に足回り…と項目はいろいろあるんだけど、そういった愛着をもってメンテナンスされてきたバイクは外装はイマイチな場合でもね、細かい部分の状態が良いので査定額も自然と高くなるもんです。

 

だからね、査定の時はできるだけ愛車の状態をキレイに復活させて、愛着のあるバイクってのをアピールした方が高くなるのは間違いないですよ。

 

高額査定になるケースその2 売却期日がハッキリしている

一時期、バイク関連の仕事に就いていましたが、本当ーにいろいろな売却オーナーさんをみてきました。

 

もう査定額とか算出する前から、

 

「とにかく幾らでもいいから、今すぐ引き取ってもらいたい…」

 

なんてオーナーさんもいれば、売却するかどうか踏ん切りがつかないで…

 

「査定額によっては売却しようかと思うんですが…」なんてオーナーさんも・・・。安かったら売りたくない!みたいな。

 

 

でね。

 

やっぱり売却することが確定しているオーナーさんの方が買取側のモチベーションって上がるもんです。

 

 

 

だってそうでしょ??

 

売るのか売らないのか分からないってオーナーさんに真剣に査定額を交渉する気になりますか??

 

まあ、売上とかノルマの関係で、どうしても買取台数が欲しいって場合はそれでも交渉しますけどね(笑)

 

 

 

基本的に俺の場合、そーいったオーナーさんの場合は深入りせずに「じゃ、気持ちが固まったらもう一回連絡くださいね」って名刺渡して帰っちゃいましたね。

 

…まあ査定士としては失格かもしれませんけどね。

 

 

 

で、その逆に

 

「できれば今日中に売却先を決めちゃいたんです!」

 

なんていわれると査定士魂に火がついて頑張って交渉しちゃうことも。

 

 

 

だって今日中に売却先を決めるって事はですよ。今日の交渉しだいでウチで買取できるわけです。他に何店舗で査定しているのか知りませんが、3つの買取店に声をかけていたとしても約33.333%の確率で買取できるってこと(笑)

 

頑張らない理由がありません。

 

なのでね、嘘でもいいから「今日中に売却してしまいたい」ってアピールした方がいいだろうね(でも嘘はいけませんけどね)

 

 

高額査定になるケースその3 査定スタッフやメカニックに気遣いできる

もうこの部分はね、バイク売却のコツとかテクニック云々といった部分じゃありませんね。

 

ちゃんとバイク買取店や中古バイク店の査定士やメカニックさんと人間同士の付き合いができるかどうかってことだよね。

 

 

 

よくバイク買取店の出張査定なんかでも、自分はお客さんなんだぞ…って横柄な態度のオーナーさんも稀にみかけます。

 

言葉には出していないけど「俺のバイク売ってやるんだから、高く査定してくれよ」みたいなオーナーさん。

 

 

 

他のバイク買取店の査定スタッフは知りませんが、俺の場合はそういったオーナーさんの場合はめっちゃ安く査定していましたね(笑)

 

もちろん仕事なんでこちらも親切・丁寧な態度で応じますが、心の中では「別にあんたのバイクなんて買取しなくてもいいもんね〜」って感じで思いっきり安くしちゃったり…。

 

 

 

でも意外とそういったオーナーさんって相場も何も知らないわけで、その金額で素直に売却しちゃって「あれ??」てケースもありましたね。(結果として良いお客さんなのか??)

 

 

逆にですね。

 

お客さんとはいえ、査定スタッフやメカニックにもしっかりと気遣いのできるオーナーさん、そんな場合は安く査定しづらいわけです。

 

ある程度査定額には幅ってものがあります。大体このバイクだったら普通に考えて30〜35辺りかなぁといった査定額の幅のことね。

 

そんな場合、感じ良いオーナーさん、気遣いできるオーナーさんだと目一杯の35万で査定しちゃうこともあるわけで。

 

 

たった一本のポカリスエットが数万円アップに!

例えばこんな買取事例があります。(単なる思い出話なので時間の無い方は読み飛ばしてください)

 

確か8月のお盆辺りだったでしょうか、忘れちゃったけど何日連続だかの猛暑日みたいな日。本当にこういった日の出張査定はキツいのですよ。

 

俺としてはこの時期は出張査定を依頼して欲しくない(爆)

 

 

 

で、そんな猛暑日にたしかホンダの250ccの査定依頼がきたもんで、すぐに伺ったわけです。

 

依頼してくれたオーナーさんはまだ学生さん。

 

でもね、すごく気遣いできる学生さんでね。

 

査定を始める前に「今日は暑いんで良い場所を見つけておきましたから」って近くの公園の木陰を査定場所にしてくれたんです。

 

 

 

こういった気遣い、本当に査定士として嬉しいんです(泣)

 

で、査定中に姿が見えないと思ったら彼はね、こんな査定士のためにコンビニでポカリスエットを買ってきてくれたんです…それも500mlのタイプね。

 

もうね、そういった相手の気持ちがわかるオーナーさんに安く査定なんてでるわけないじゃないですかぁ…。

 

 

 

詳細は忘れましたけど、確か本部に掛けあって目一杯の査定額を出してあげた記憶があります。

 

変な話、一本のポカリスエットが数万円に変わったわけです。

 

もちろん彼は計算してやった事じゃありませんが、こういった査定士やメカニックに気遣いできると、思わぬ高額査定になるって良い例かもしれませんね。

 

 

高額査定になるケースその4 希望金額など決めず最高額の売却先に売るタイプ

高額査定になるケースの最後はこれ。

 

持込査定でも出張査定でも査定士やメカニックに「幾らくらいなら売却します〜?」とか「売却希望金額って決めてますか?」なんて質問されるケース多いはずです。

 

もしかしたら本当に希望金額を決めているかもしれません。

 

 

 

でもですよ。

 

ぜーったいにその金額は伝えちゃいけませんからね!!もう言ったらオシマイですからね。

 

もちろん元バイク買取の査定士の俺もそーいった質問してました…嵐のように(爆)

 

 

 

で、意外と交渉に自信のありそうなオーナーさんにかぎって、口滑らして希望金額を教えてくれちゃうんだけど、やっぱりその金額以上に査定することはありませんからね。

 

もう少し低めの金額を提示して、相手の交渉に負けたような雰囲気でジリジリ交渉して最後にその金額に落ち着かせちゃうって感じ。

 

 

 

つまりオーナーさんとしては、俺の交渉術のおかげでなんとか希望金額まで釣り上げることができたって満足するような演出しちゃって。

 

ま、本当はもう少し出せる余裕ある場合もあるんだけどね…(-_-;)

 

 

 

じゃ、何がいけなかったのか??

 

やっぱり具体的な数字を自分の口から出してしまったことなんです。

 

オーナーさんの口から希望金額のような何らかの数字がでると、途端に買取側は交渉がしやすいわけです。

 

その数字が高かろうが安かろうが、その数字をベースに交渉できるわけですからね。つまり気がついたらバイク買取店の予定していた査定額で買い取りされているだろうね。

 

だから絶対にどんな質問されても、自分の希望金額は教えないこと。どーしてもって場合はですね…愛車の中古バイク店での販売価格あたりを伝えちゃって下さい。

 

 

 

※高額査定のポイントは以下の記事でも解説しています

 

バイクを売るおすすめの買取店舗はどうやって見分けるべきか?

 

評判だけでバイクの売却先を決めてはいけない!

おすすめの買取店舗ボタン