バイク売るノーマル

カスタム状態の愛車、売却するならフルノーマル状態に戻すべき!?

バイクの楽しみ方は人それぞれです。カスタムするにもエンジンや足回りといった走りを追求する人もいれば、見た目重視でカスタムする人も意外と多いものです。

 

原付きバイクは別として中型以上のバイクなら、ずっとノーマル状態で乗り続ける人の方が逆に少ないのでは?という気がするほどです。

 

でそんなカスタムされたバイクですが、売却するとなるとそのまま査定に出すべきか、ノーマル状態に戻すべきかって迷うかもしれません。

 

ということでカスタム車両とノーマル状態の車両を比較してみたいと思います。

 

基本的にノーマル状態が査定では有利

もう結論からいってしまうと…

 

ノーマル状態に比べカスタム車両の方が査定額が高くなるケースはほぼありません

 

例え高額なマフラーをフルエキで交換していようが、有名メーカーのブレーキキャリパーに交換していようが、むちゃくちゃ高かったマグネシウムホイールに交換していようが、ノーマルより安くなるケースがほとんどです。

 

というのも、どんなに高額なパーツが使用されていようが、格好良くカスタムされていようが、業者間オークションで安くなってしまうんです、もうそれに尽きます。

 

 

購入するユーザーはノーマル状態を好むもの

というのもですね。

 

あなたの愛車も買取られた後に業者間オークションにかなりの確率で流れるかと思いますが、その業者間オークションの取引相場はどうやって決まるのでしょうか?

 

それは業者間オークションで購入するバイク販売店が欲しがるかどうかで値段が上下するわけですね。

 

じゃバイク販売店はどういったバイクなら高額を出してまで欲しがるのでしょうか?当然ながら一般のユーザーが欲しがるバイクなわけです。

 

 

 

そうなんです。

 

一般のユーザーが結局はノーマル状態のバイクを欲しがるためなのですよ…。

 

なので高額で売却できないことが分かっているだけに買取店もカスタム車両には高く査定できないということです。

 

 

 

ユーザーにも販売店にもカスタム車両は不人気

カスタム車両がユーザーが買いたがらない理由はいろいろあります。

 

もちろんノーマル状態を購入して自分好みにカスタムしたいってお客さんだったら他人の好みでカスタムされていれば嫌なものです。

 

またセンスというか統一性の無いカスタム状態だと、それだけで十分にユーザーとしては購入する気になりませんよね(笑)

 

例えばタンクが変なカラーリングに全塗装されているとか…もう完全にアウトです。

 

それにハードにカスタムされたバイクの場合、どんなオーナーがどんな風に乗っていたのか?

 

なんて不安になってくるものです。やっぱり変にクセのないノーマル状態が無難に売れるのは間違いありませんね。

 

またカスタム車両は購入するユーザーだけでなく販売するバイク販売店にも多少のリスクもあります。

バイク販売店にもカスタム車両はリスクがある

というのもバイクを販売する上で当然ながらアフターケアとかメンテナンスといった部分が発生するわけです。

 

そんな時、ノーマル状態で売却したバイクであればメンテナンスも問題なく可能だし、最悪な場合でもメーカーから純正部品をとれば修理可能ですね。

 

 

 

例えば購入後にお客さんが自己責任でカスタムされた場合、最終的な責任はバイク販売店ではなくお客さん自身となってきます。

 

しかし販売の時点でカスタムされていた車両の場合、そのカスタムパーツに関しては販売店で責任をもって修理や対応しなくちゃいけないわけです。

 

 

 

で、そのカスタムも大手のしっかりとしたカスタムパーツ・メーカーの商品ならまだしも、どこで購入したのか…なんて部品だった、普通に製造中止とか修理不能なんてケースもでてきます。

 

つまりノーマル状態のバイクを販売するよりも何倍、いや何十倍もリスクが大きいわけなんです・・というか正直売りたくないのが本音といってもいいでしょうね。

 

 

売却前に純正に戻すことができない場合

ということで、

 

ここまで読んでくれた方は純正部品を引っ張りだしてノーマル状態に戻してくれるとは思いますが、残念ながら純正部品を処分してしまった、または紛失してしまったなんて方もいるかもしれません。

 

そんな場合、まあ普通にバイク販売店やバイク買取店で査定してみるのも大切ですが、もしかしたらカスタムショップに持込んでみるのもひとつの選択肢かもしれません。

 

もちろん愛車の車種に強いカスタムショップがある場合に限られますが、そういった専門店ならば、カスタムパーツの知識も豊富で、販売することに慣れています。

 

 

 

もちろん、そんな都合よくカスタムショップなんて見つからないかもしれません。そういった場合はバイク買取店の中でもカスタムパーツの専門店も運営している店舗を選んで査定するのも良いでしょうね。

 

そういった店舗なら買取後、価値のあるカスタムパーツを交換してパーツとして売却するルートがあるわけです。

 

それを見越して高額に査定する場合もあるので各店舗の公式サイトを隅々までチェックしておきましょうね。

 

という感じで「戻せる部分はノーマルに戻す」というのがカスタム車両を少しでも高く売却するコツです。

 

もちろんカスタム状態でも査定当日に純正部品をすべて提出すれば、しっかりノーマル状態として査定してもらえるはずですから、純正部品は大切に扱って下さいね。

おすすめの買取店舗ボタン