バイク売却前にノーマルに

売却するとき、なぜノーマル状態の方が高額になるのか?

ずーっとバイク買取の査定士として各地でバイクを買取っているとですね。

 

バイクという乗り物は、クルマに比較しても「カスタム」を楽しむ乗り物だって実感します。

 

 

 

というのもうねぇ…出張した半分以上のオーナーさんは愛車に何らかのカスタムを施していますからね。

 

クルマの場合はというと、ほとんどのオーナーさんてカスタムなんてしませんよね?

 

 

こういった部分でもバイクとクルマは楽しみ方が違うのかなぁなんて気がします。

 

で、何の話でっしたっけ??あっカスタムされたバイクの話!

 

今日はバイクを売却する場合、カスタム車両はどういった扱いになるのか…、そしてノーマル状態のバイクに戻すことで査定額はどれだけ変わるのか…といった部分のお話です。

 

おすすめの買取店舗ボタン

 

 

なんだかんだ言ってもノーマル状態のバイクは査定が高い

どうも。愛車は原型がわからないほど弄り倒して収集がつかなくなる管理人です(笑)

 

もうね、結果からいってしまえばこの通りなんです。売るならノーマルがいいの。それもどノーマルがベスト!

 

じゃ分かりやすいように、買取ったバイクが最終的に店頭に並んだ光景を思い浮かべて下さい。

 

 

例えば同じ年式の…えーとホンダのCB400SFのバイクが2台並んでいたとします。

 

極端な例だとしたら、一方の車両には足回りはオーリンズでバッチリ固めちゃって、排気系はヨシムラのサイクロン、でもって制動系はブレンボのキャリパーやらマスターシリンダーなんて豪華にカスタムされたバイク。

 

でもう一方の車両はもう完全のドノーマル状態。キレイに乗っていた車両とはいえ、タイヤもミラーさえも何もカスタムされていないバイク。

 

こんなバイクが2台並んでいたら、どちらが先に購入されると思いますか??

 

そうなんですよ…十中八九ドノーマル状態の後者が先に買い手がみつかるわけなんです。

 

 

 

そりゃあ豪華にカスタムされたバイク、同じ志向のユーザーさんが現れた場合、即決で購入されるケースもありますが、往々にして派手にカスタムされた車両は買い手が見つかりにくいんです。

 

カスタム度が高ければ高いほど買い手が見つかりにくい…そういうものなのですよ、中古バイクの世界とは。

 

つまりね、結局何が言いたいのかっていうとね、ほとんどのユーザーさんは結局はノーマル状態のバイクが好きなんです。

 

だからノーマル状態のバイクは店頭に並べれば確実に買い手がみつかるってわけです。

 

 

派手にカスタムされたバイクは買い手からみれば心配

なぜ派手にカスタムされたバイクは買い手が見つかりにくいのか??

 

これはね。

 

やっぱり購入されるユーザーさんから見れば、派手にカスタムされた車両は少々不安を感じちゃうものなんです。

 

例えばタイヤがノーマルよりもグリップの良いブリジストンのタイヤに変更されている…その程度だったらプラス要素かもしれません。

 

でも何から何までカスタムされていると、購入後にトラブルとか起こった場合を考えると心配になるわけですよ。

 

その点、ドノーマル状態であれば無駄に心配しなくて済みますから。

 

でもって、購入後に何らかのトラブルが生じたって販売店でもメーカーでもしっかりと対応してもらえます。

 

修理不能なんて事態には絶対になりませんからね。

 

 

おまけに、ゆっくりと自分ごのみにカスタムできるって楽しみも残されている。

 

バイクは乗る楽しみだけじゃぁありません!そうやってノーマルをちょこちょことカスタムする楽しみも大事な楽しみのひとつだもんね。

 

ちなみにカリカリに弄り倒しちゃう俺も、買うならノーマルがいいですからね(-_-;)

 

 

販売店も派手にカスタムされたバイクは扱いたくないのが本音

カスタム車両は不安だって思うのは購入するユーザーさんだけじゃありません。

 

実はね…。

 

店頭に並べる販売店の方にとっても不安が残るわけですよ。

 

 

 

いくら中古バイク店はいえ、販売するからには納車のメンテナンスもすれば購入後のサポートもしなくちゃなりません。

 

例えばレッドバロン辺りでしたら、最近の車両だと6000キロか6ヶ月以内、古いバイクの場合でも1,000キロもしくは1ヶ月以内は保証期間なわけです。

 

そういった販売後の保証の面でもカスタム車両はノーマル状態のバイクに比べて故障する可能性が高いのは間違いないからね。

 

 

 

なので同じように1台のバイクを販売するならば新車とか、ドノーマル状態のバイクを販売した方が安心できるんです。

 

とくに現在は生産中止のパーツに不具合なんて生じた場合、非常ーに面倒くさい!

 

 

ですから販売店によっては、仕入れたカスタム車両をある程度、ノーマル状態に戻してから販売するなんてパターンも少くないんです。

 

つまりノーマルパーツをわざわざ探してきて最初の状態に戻すわけです。

 

こんな面からも、販売側としてはドノーマル状態の方がありがいたいって事は、分かっていただけますね。

 

 

既に愛車がカスタム済みの場合、売却前にどうすればいい?

ここまで読み進めていただいた勘の良いユーザーさんならお分かりかと思います。

 

もしノーマルパーツ・純正部品の類ををしっかりと保管している場合は、査定前日までにしっかりと純正部品に戻しておきましょう。

 

 

基本的にカスタム済みの車両が、ドノーマルより高額になるケースは考えにくいといえます。もしあったとしても本当ーにレアケース。

 

で、ですね。

 

バイク買取店の中にはノーマルパーツに戻さなくともカスタム済みのままでOK♪なんてセリフもありますが、元バイク買取の査定士の俺からみればそれもとっっても勿体無いこと。

 

だって高額のカスタムパーツも純正部品もすべてコミコミになって買取られてしまうわけです。

 

これは本当ーにもったいない事ですよ…(汗)

 

まあバイク買取店の立場からすれば美味しいお客さんなんだけどね(-_-;)

 

カスタムパーツは保管して後日ヤフオクで売却がいいのでは?

というのもね、

 

カスタムパーツの多くはネットオークションなんかに出品すれば予想外に高く落札されるものです。

 

なので自分で高いお金だして購入したカスタムパーツは、売却せずに後日じっくりとネットオークションでも出品した方がいいと思いますよ、ホント。

 

売却する車両がノーマル状態にさえ戻っていれば、査定額はそれなりに期待できますからね。

 

せめてカスタムパーツくらいは自分で捌いてお小遣いにでもしましょう。

 

 

とはいえ、

 

そういったネットオークションなんかも無理…面倒くさい…なんて方もいるでしょうね。

 

そういった方の場合、バイクワンのように独自でパーツショップを運営しているバイク買取店を選ぶのも良い選択かもしれませんね。

 

パーツはパーツとして高額で販売できるルートを持っている売却先なら、他店舗よりも多少は高額でパーツも買取るでしょうね。

 

バイクワンの査定ならこちらの記事も参考にしてください→バイクワン

おすすめの買取店舗ボタン