バイク高額査定の交渉テクニック

査定中

バイクを売却しようと考えた場合、ネットオークションでの売却は別として、どんなカタチだろうと相手と金額交渉というシチュエーションは訪れます。

 

バイク買取店の出張査定なんかだと事前にオンライン査定である程度の参考買取額を教えてくれまが、結局は査定当日にバイクをチェックして状態に応じて査定額が前後するもの。

 

つまり最終的な査定額を高くするためには、何らかの金額交渉が必要なわけですね。

 

その辺りを意識し過ぎて、「自分は査定交渉に自身が無いのでバイク買取店の出張査定はちょっと…」という人もいるようですが、管理人からすればこれは非常にもったいないこと。

 

とくに高度な交渉テクニックなんて要りません。幾つかのポイントをおさえて上手に交渉すれば予想より高額になるケースも結構多いものです。今回はその部分をお伝えしておきます。

相手は交渉のプロ、まともに相手したところで勝てません…

バイクを売却する場合、買取り側から考えると少しでも安く買取できれば利益が期待できるので、なんとか1円でも安く買取できれば…と考えるわけです。

 

バイク買取店も、バイク販売店も安く買取して高く売却できれば利益が大きいので、これは仕方のないことかもしれません。

 

しかし売却側から考えれば少しでも高額に買取したいのは誰でも同じですよね。

 

つまりお互い正反対の気持ちで交渉するわけですから、必ず交渉が生じてしまうわけです。ザックリいえばお互い妥協できる金額をみつけるわけです。

 

そこで査定交渉になるわけですが、ハッキリいって相手は査定交渉のプロです。

 

毎日どこかでバイクの査定を行っています。まあ普通に考えたら素人のあなたがマトモに交渉して勝てる相手ではありませんね

 

。ということで査定当日までに知っておくべき査定のテクニックを幾つか紹介しておきます。

査定当日に注意すべきポイント

では査定当日はどういった部分に注意しておけば、相手のペースに飲まれずに自分の主張をとおして高額査定に持ち込めるのか?

 

ということで、以下に管理人のおすすめ、査定当日に気をつけるべきポイント、当日前に済ませておきたいポイントを順にご説明しておきます。

 

最高買取額、平均買取額を知っておく

 

これは査定当日というよりも査定当日までに準備しておくことですが、愛車の最高買取額や平均買取額をリサーチしておくこと。

 

中でも注意しておきたいのが、最高額と平均の査定額を両方を知っておくこと!この部分が重要です。

 

というのも査定当日、査定士に突然、希望金額を訊かれるケースって意外とあります。

 

このような希望の売却金額を聞かれた時、躊躇せず答えることでこちらのリサーチ具合が伝わります。

 

ある程度、妥当なラインの数字を提示することができれば、買取側も「このユーザーは相場観があるな…」と感じて足元を見たり下手な査定額を出すことができません。

 

逆に口ごもったり、見当ハズレな数字を提示すれば逆効果・・・なので査定交渉のペースを掴むためにも、この部分はおさえておきたいところ。

 

最初に挨拶を済ませ、バイクの査定が始まりリラックスした頃に何気なく訪ねてくる査定士からのこ質問の一つ一つには、全て意味があります。

 

実は査定スタッフはバイクの状態と同じくらいあなたのバイクの知識、買取相場の知識をチェックしていますからね。

 

某バイク買取店の査定スタッフさん曰く「交渉に自身のある方ほど、無駄に話し過ぎてボロがでるケースも多い」ということです。訪ねてられた質問には的確に答える必要がありますが、その質問には裏があるということを忘れずに。

 

 

希望の売却金額は強気に言え

 

出張査定も終盤にすすむと「幾らくらいで売却できると思ってました?」とか「で、ぶっちゃけ幾らなら売ってくれます?」といった質問があるのが普通です。

 

その時に注意して欲しいのは本当に考えている希望の売却金額があっても、絶対に教えないこと。

 

例えば平均買取額を考えた上で、自分の愛車の状態からいって30万円が限界なのかな?と思っていてもそれを伝えてはいけません。

 

もし実際の査定基準から35万円の可能性があった場合でも30万円以上の金額には上がらなくなってしまいますからね。

 

仮にあなたが油断して「30万円くらいですかねぇ」なんて伝えてしまった場合、査定スタッフは「いや〜25〜6万円が限界なんですよね〜」といった感じで対応するはずです。

 

で、あれこれ交渉した挙句、最終的に査定スタッフさんが折れて・・・

 

「じゃ、今回はキリの良い30万でなんとか頑張ってみます」

 

と結局はあなたが伝えた希望の売却金額に落ち着くはず。まるで査定士さんの頑張りによって、オーナーさんの希望額まで引き上げた!という印象で査定が終わります。

 

もちろん査定スタッフにとって、本当の査定額の限界はまだまだ上・・・予定より安く買取ができてラッキー?という感じですね。

 

つまり何がいいたいのかっていうと、バイク査定においてこちらが伝えた金額以上には絶対に上がらない・・・ということ。

 

できるだけ高めの金額を伝えるか、敢えて伝えないで濁しておくことも大切です。

 

もし伝える場合は、事前に調べておいた最高買取額あたりを伝えるのが無難でしょうね。

 

 

査定交渉が不安なら同時査定という手段も

 

また本当に査定交渉が不安であれば、最初から複数の買取店を同時にブッキングして同時査定してもらうといった方法もあります。

 

複数の売却先の査定スタッフを同時間に予約し、中でも最高額だった売却先に手放すといったシンプルな方法です。

 

これは中古車の査定では一般的に行われている査定の方法。

 

最終的な査定額を決定するために面倒な交渉も不要で、確実に高額になる方法ともいえます。

 

査定スタッフの中には、相手から希望して同時査定をやらせて下さい!といった強気の方もけっこう多いようです。

 

ちなみに、この同時査定にも幾つか方法があるので参考までに紹介しておきます。1つはオークション方式。

 

イメージできると思いますが、各売却先が自社の限界まで入札するので比較的高額になりやすい方式だといえます。

 

どうしても買取したいバイクだと査定スタッフが感じた場合、予想以上にヒートアップし、相場以上の価格まで高沸するケースもあるので一番おすすめ。

 

もう一つ、一発入札方式という各売却先の査定スタッフに希望の買取金額を提示してもらう方法もあります。

 

オークション方式に比べ各売却先は一度の提示で判断されるために、他社を伺うことができないので、思わぬ高額な店舗がでてくる可能性のある査定方法ともいえます。

 

またグダグダしがちな同時査定ですが最も短時間でハッキリと高額の売却先を決まるので時間の無い方にはおすすめ。

 

※ただし同時査定の場合、辞退する買取店舗も稀にいるので、その辺りは覚悟の上、お試しください。

「今日中に売却する」アピールも大事

交渉

これらの同時査定はもちろん、個別の査定交渉でもいえます。

 

ただ交渉テクニックなんかよりも大事なこと・・・それは「今日中に売却する」というアピール。

 

というのも、査定だけ行いゆっくり考えて後日決定します…といったユーザーも多いため、買取側は肩すかしをくらうケースが多いのです。査定スタッフにとってコレが一番辛い・・・。手ぶらで帰るのだけは避けたいのが心理です。

 

買取側の査定スタッフも大切な時間を割いて、出張査定に足を運んでいるわけです。

 

とにかく手ぶらでは帰りたくないのが正直なところです。ですので今日中に売却したいとアピールすることで各売却先も本気で査定に臨んでくるはずです。

 

その結果、なんとか買取して持ち帰りたいと多少の予算オーバーでも頑張って査定してくるのですから、気持ちの面も大事だということですね。

 

というわけで「売っても売らなくてもいい」といった中途半端な相手よりも「とにかく今日中に買取ってくれ」といった相手の方が高額になるのは当然のことですね。

 

中古バイクにおいて、売却時期を先延ばしにした方が高額になるケースは本当のレアケース。どんな車両も1日でも早く売却するのが基本中の基本。

 

しっかりと今回のポイントをおさえて、売却時は自分のペースで交渉を進めてガッツリ高額査定をゲットしましょう!

おすすめの買取店舗ボタン